トップ > 学会・研究会・イベントその他 > 詳細

介護のリハビリケア研修会

平成30年度の医療と介護の同時改定では、地域包括ケアシステムの構築に向けて医療と介護の連携推進がキーワードとなり、大きなテーマの一つとして「リハビリテーションにおける医療介護連携の推進」が盛り込まれました。これは医療でのリハビリテーションと介護でのリハビリテーションの双方が専門性の高いサービスを提供し、高い次元での連携が求められているということを意味しています。そのためには介護
現場のリハビリ専門職は介護現場のことだけでなく、医師や医療現場のリハ職と連携し医療から移行してくる利用者に最適なリハビリテーションを提供しなければ何も変わりません。「軽度者の改善ができない」「重症な患者・利用者には対応できない」というリハビリ専門職では事業者が今後淘汰されていきます。この研修会では、医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士が、地域に必要とさ
れる生活期リハ拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、医療・介護の連携力を高める人材育成・マネジメント手法などを講義と実技でお伝えいたします。

大阪会場
期日
8月19日(日) 10:00~17:00
会場
マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2-5)
東京会場
期日
9月16日(日) 10:00~17:00
TEPIA【一般財団法人 高度技術社会推進協会】(港区北青山2-8-44)

内容
※各時間帯で興味のある分科会を自由に選択

10:00~12:00
「2018年医療と介護同時改定に対する取り組み
「デイケア運営 新規利用者確保と加算算定」
「歩行の限界に挑戦!」
「ADL・IADLを改善する福祉用具、自助具などの工夫」

13:00~15:00
「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(1)」
「デイケア運営 短時間デイケアと長時間デイケア」
「慢性片麻痺の方へのアプローチと効果の出し方」
「慢性疼痛を持つ方へのリハビリアプローチ」

15:15~17:00
「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(2)」
「デイサービス、デイケアのリハ職のあり方」
「パーキンソン病症候群へのアプローチ」
「ワンランク上のシーティング技術」

講師
中道哲郎(ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者)
光田尚代(医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長)
生野達也(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事)
野田和美(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師)

参加費
12,500円(税・資料代込み)

申し込み方法
https://www.tsuusho.com/reha-care/の申し込みフォームより。

問い合わせ・資料請求
日本通所ケア研究会事務局 担当:小川
〒721-0902 福山市春日町浦上1205
TEL:084-971-6686 FAX:084-948-0641
info@tsuusho.com
https://www.tsuusho.com/reha-care/
(掲載日:2018-06-29)
リハビリテーション 介護

スポンサーリンク

カテゴリ
フットボール(1)
コーチング(1)
トレーニング(2)
子ども(1)
バレーボール(1)

スポンサーリンク

開催地
千葉(1)
東京(4)
愛知(1)


スポンサーリンク