トップ > セミナー情報 > 詳細

NSCAジャパン「ランニングスキル向上のためのスピードトレーニングとスピードを活かした」「アスリートのコンディショニング理論と実践」

期日/2017年7月16日(日)
時間/10:00~17:00
会場/学校法人中央工学校「5号館」(東京都北区)

内容/
「ランニングスキル向上のためのスピードトレーニングとスピードを活かしたアジリティトレーニング」:ランニングスピードの向上には基本的なランニングスキルの向上が必須であり、また対人競技では加速と減速、さらに方向転換を効果的に行うことが求められる。ランニングスキルについては、多くの研究報告がなされており、その中から必要とされる動作の習得のために、「スプリントドリル」を行うことが一般的となっている。さらに、そこで習得した動作とストレングストレーニングで身につけた筋力およびパワーが組み合わさることで、高いスピードでのランニングが可能となる。スピードトレーニングでは、一般的なドリルを「何故やるか?」を机上で確認し、実践していく。一方で、高いスピードでのランニングが可能となれば、減速や方向変換の高いスキルが必要になる。ランニングスピードの向上を目指した内容と併せて、アジリティの一般的なドリルから、フィールドテストやトレーニングとしても活用できる種目を紹介し、実践していく。
講師/筒井健裕(CSCS、NSCA-CPT、体育科学修士、運動健康指導士)

「アスリートのコンディショニング理論と実践」:アスリートが実際に行っている最新のコンディショニング方法や呼吸エクササイズ、そしてアスリートを指導する際の心得やプログラム作成のエッセンスなどわかりやすく解説する。
講師/武井敦彦 (ATC、NASM-PES、 NASM-CES、PRI-PRT)

参加費/一般7,776円、会員6,480円
定員/25名
申込締切/7月13日(木)
詳細・申込/http://www.nsca-japan.or.jp/05_seminar/nsca_semi.html
問い合わせ/NPO法人NSCAジャパン
seminar@nsca-japan.or.jp

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2017-05-02)
トレーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(6)
アスレティックリハビリテーション(2)
ウォーキング(1)
エクササイズ(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(96)
ジュニア(3)
ストレッチング(9)
ストレングストレーニング&コンディショニング(1)
スポーツ医科学(20)
スポーツ指導(1)
テーピング(15)
トレーナー(1)
トレーニング(30)
トレーニング指導(3)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
フィットネス(1)
ボディメーク(1)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(36)
医学(2)
各種セラピー:Jointing(2)
各種セラピー:PNF(6)
各種セラピー:スパインダイナミクス療法(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(2)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:マニュピレーション(1)
各種セラピー:ヨガ(5)
各種セラピー:予防運動療法(3)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:手技療法(19)
各種セラピー:柔道整復(21)
各種セラピー:物理療法(6)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(6)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:テニス(1)
呼吸(2)
姿勢(1)
栄養(5)
機能解剖学(4)
測定と評価(12)
生理学(1)
解剖(5)
運動指導(2)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
宮城(1)
秋田(1)
茨城(2)
栃木(3)
群馬(1)
埼玉(4)
千葉(11)
東京(191)
神奈川(9)
新潟(1)
富山(3)
静岡(2)
愛知(21)
京都(4)
大阪(66)
兵庫(7)
鳥取(1)
岡山(1)
広島(4)
山口(1)
香川(2)
福岡(16)
長崎(1)
熊本(4)
大分(1)
沖縄(1)