トップ > セミナー情報 > 詳細

基本のトリガーポイント理論と治療法~臀部とハムストリングへのアプローチ~

期日/2017年6月17日(土)
時間/14:00~19:00
会場/中之島プラザ(大阪市)

内容/近年、テレビや雑誌などで「トリガーポイント」という言葉を目や耳にすることが多くなった。しかしその理論や手技はさまざまで、紹介された通り行っても効果が発揮できるとは限らない。私たちのグループでは痛みを科学的理論に基づいて解釈し、痛みの種類に合ったアプローチをしていく。
痛みの多くは侵害受容性疼痛と考えられ、急性期には消炎鎮痛剤やアイシングなどの処置がなされ、慢性痛にはマッサージやストレッチ、関節モビライゼーションなどの手技が用いられることが多い。しかし、炎症が原因の痛みだと考えられても、消炎鎮痛剤が著効しないことはないか? 循環改善や関節の調整を目的に手技を行っても、効果が長続きしないことはないか? 消炎鎮痛剤やアイシングが効果的な痛みについて、また慢性期に必要なアプローチの仕方について、私たちの考えるトリガーポイントの理論を踏まえて紹介さする。
学習目標:
最新のトリガーポイント理論に触れる
トリガーポイントの検索法について理解する
体表解剖を通して骨指標と筋の触察を深める
殿部、ハムストリングについてトリガーポイント療法を適用する
講師/田坂和子 (関西医療大学保健医療学部非常勤講師)

参加費/一般12,960円、RPM・学生10,368円、Kinetikos有料会員12,312円
※7月2日(日)との両講座受講の場合は受講料15%オフ
定員/18名
申込締切/6月15日 (木)
詳細・申込/http://www.reach4d.jp/edu/ws/2017tpfes.htm
問い合わせ/株式会社リーチ
TEL:075-707-8877
FAX:075-707-8878
info@reach4d.jp

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2017-05-15)
スポーツ医科学

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(6)
アスレティックリハビリテーション(2)
ウォーキング(1)
エクササイズ(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(101)
ジュニア(3)
ストレッチング(10)
ストレングストレーニング&コンディショニング(1)
スポーツ医科学(20)
スポーツ指導(1)
テーピング(15)
トレーナー(1)
トレーニング(34)
トレーニング指導(3)
バイオメカニクス(2)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
フィットネス(1)
ボディメーク(1)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(38)
医学(2)
各種セラピー:Jointing(2)
各種セラピー:PNF(6)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(2)
各種セラピー:ピラティス(2)
各種セラピー:マニュピレーション(1)
各種セラピー:ヨガ(5)
各種セラピー:予防運動療法(3)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:手技療法(19)
各種セラピー:柔道整復(21)
各種セラピー:物理療法(7)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(6)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:テニス(1)
各種競技:野球(1)
呼吸(2)
姿勢(1)
栄養(5)
機能解剖学(4)
測定と評価(12)
生理学(1)
科学(1)
解剖(5)
運動指導(3)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(8)
宮城(1)
秋田(1)
茨城(3)
栃木(3)
群馬(1)
埼玉(4)
千葉(11)
東京(204)
神奈川(11)
新潟(1)
富山(3)
静岡(3)
愛知(23)
京都(5)
大阪(71)
兵庫(7)
鳥取(1)
岡山(2)
広島(4)
山口(1)
香川(2)
福岡(18)
長崎(2)
熊本(4)
大分(1)
沖縄(1)