トップ > セミナー情報 > 詳細

セラピストが持つべきセルフボディトリートメントの知識~身体感覚・知覚を正しく理解したうえで考えるカラダ磨き~

期日/2017年10月29日(日)
時間/10:00~16:00
会場/YMCAアジア青少年センター(YMCA Hotel)9F「国際ホール」(東京都千代田区)

内容/セラピストの身体感覚を磨くために、ボディワークを用いることで技術の精度を上げることとともにセラピスト自身の故障や患者への身体感覚の伝え方を学ぶ。
技術を使ううえで、セラピスト自身の身体がままなっていない状態では、同じ技術にも差が出てしまう。それは単純なROMひとつを取っても変わってくる。セラピスト側の身体感覚を磨くメリットは、以下の3つになる。
1)知覚情報の伝え方の正確さに幅ができる。
2)技術を使うベースである身体が底上げされることで、今までの技術の精度が上がる。
3)身体が資本であるセラピストが長く快適に、故障なく働くことができる。
講義の中では、ピラティスの考えを主体に評価・治療・具体的な実践までを話す。
[プログラム] 
午前:
1.何故あなたにボディワークが必要なのか
2.ピラティスとヨガの違い
3.身体感覚を磨くためのセラピストのためのボディワーク
午後:
4.ピラティスでの身体評価と実技
5.具体事例を使った治療と具体的な徒手手段を用いた実技 
講師/安原 望(合同会社MoveLab代表、作業療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/10月28日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1500537926-982177

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2017-07-31)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
トレーニング指導(1)
アスレティックトレーニング(3)
ウォーキング(4)
カンセリング(1)
コミュニケーション(2)
コンディショニング(90)
ジュニア(7)
ストレッチング(22)
ストレングス&コンディショニング(1)
スポーツ医学(1)
スポーツ医科学(17)
ダンス(2)
テーピング(11)
トレーナー(1)
トレーニング(62)
パーソナルトレーニング(1)
フィットネス(2)
ボディーメイク (2)
メンタルトレーニング(2)
ランニング(3)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(44)
健康(1)
動作評価(1)
各種セラピー:Jointing(3)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(4)
各種セラピー:予防運動療法(2)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(7)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種セラピー:運動・徒手療法(1)
各種競技:ゴルフ(2)
各種競技:サッカー(2)
各種競技:サーフィン(2)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(1)
呼吸(2)
女性(1)
女性 (1)
女性 トレーニング指導(1)
栄養(8)
機能解剖学(5)
歩行(1)
測定と評価(6)
球技スポーツ(1)
生理学(1)
留学(1)
自己研鑽(1)
解剖(11)
触察(1)
語学(1)
運動指導(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
岩手(1)
宮城(5)
秋田(1)
栃木(5)
埼玉(2)
千葉(9)
東京(201)
神奈川(11)
新潟(2)
富山(1)
石川(2)
岐阜(1)
静岡(1)
愛知(33)
滋賀(6)
京都(5)
大阪(49)
兵庫(6)
岡山(7)
広島(4)
徳島(1)
香川(2)
高知(1)
福岡(14)
熊本(3)
大分(1)
鹿児島(2)
沖縄(1)