トップ > セミナー情報 > 詳細

触診スキル~筋肉・下半身編~

期日/2017年10月28日(土)
時間/9:00~12:30
会場/詳細は申込者に連絡(大阪市)

内容/触診スキルを高めることで、姿勢評価を正確に行うこと・軟部組織の分類、関節へのアプローチができるようになる。解剖学として知識があったとしても、実際にその部位や組織を触れているとは限らない。今後、治療家のみならず、パーソナルトレーナーにおいても、触診スキルは必須となってくるのではないか。
このセミナーでは、上半身と下半身の筋肉の起始停止・作用・筋の連結を含めた解剖学と、筋と膜がどのように繋がっているのか筋膜連鎖の解説をし、筋肉の起始停止、筋腹、筋と筋の境目への触診を行っていく。実技中心で行うので、初めて触診を学ぶ人でも、安心して参加できる。
[プログラム]
大殿筋、中殿筋
大腿筋膜張筋(腸脛靭帯)、縫工筋
大腿四頭筋(大腿直筋、外側広筋、中間広筋、内側広筋)
ハムストリングス(大腿二頭筋長頭・短頭、半膜様筋、半腱様筋)
薄筋、長内転筋、大内転筋
梨状筋、外旋筋群
腓腹筋、ヒラメ筋、膝窩筋、腓骨筋
長趾屈筋、後脛骨筋、長母趾屈筋
長趾伸筋、長母趾伸筋、前脛骨筋
※継続単位:NSCA CEU 0.35
講師/岡村泰成(CSCS、CAFS、EXOS Certified Performance/Fitness Specialist、EBFA certified BTS/FSFM、Movefree-CEP Master、Movnat Workshop修了)

参加費/5,000円
定員/12名
申込締切/10月27日(金)
問い合わせ/岡村
TEL:090-1730-9948
info@shape-lab.net
http://www.shape-lab.net
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5a74a696525539

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2017-08-10)
解剖

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(4)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(2)
コンディショニング(100)
ジュニア(2)
ストレッチング(26)
スポーツ医科学(6)
テーピング(14)
トレーナー(2)
トレーニング(44)
バレエ(1)
ビジネス(2)
フィットネス(2)
マーケティング(1)
ランニング(4)
ランニング (1)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(60)
低体力者(1)
健康(2)
動作評価(1)
各種セラピー:Jointing(4)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(6)
各種セラピー:ピラティス(4)
各種セラピー:ヨガ(4)
各種セラピー:ロルフィング(1)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:整体(1)
各種セラピー:柔道整復(14)
各種セラピー:筋膜アプローチ(10)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種セラピー:組織間リリース(2)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(2)
各種競技:サッカー(1)
各種競技:野球(4)
女性 (2)
栄養(2)
機能解剖学(10)
歩行(1)
測定と評価(9)
(1)
生理学(1)
統計学(1)
解剖(16)
運動指導(4)
(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(2)
岩手(2)
宮城(3)
茨城(1)
栃木(4)
埼玉(5)
千葉(7)
東京(229)
神奈川(7)
新潟(1)
石川(1)
長野(7)
岐阜(1)
静岡(2)
愛知(40)
滋賀(1)
京都(11)
大阪(66)
兵庫(1)
奈良(1)
岡山(1)
広島(6)
山口(2)
香川(3)
高知(2)
福岡(14)
佐賀(1)
長崎(1)
熊本(4)
大分(3)
鹿児島(2)
沖縄(1)