トップ > セミナー情報 > 詳細

動作からみた下肢・体幹機能障害に対する評価とアプローチ

期日/2018年3月18日(日)
時間/10:00~16:00
会場/大阪国際会議場=グランキューブ大阪12F「1202」(大阪市)

内容/臨床を展開していくうえで、その疾患特性を捉えることは重要。しかし、我々セラピストは疾患特性だけではなく、局所の機能の理解を深めると同時に、全身を捉えスクリーニングをし、真の介入ポイントを見出さなくてはならない。動作分析はその大きなきっかけとなるが、ロジカルな思考なくして分析はできない。
また、股関節の不安定性を訴え、その不安定性が痛みの原因となっている患者がいたとする。その不安定性は股関節の問題なのか、体幹機能の問題なのか。もしくは他の要因なのか。
もし仮にその痛みの発生要因のひとつがコア・スタビリティの問題であった場合、股関節だけに介入していても解決の糸口を見出すことはできない。やはりロジカルな思考が必要。
今回は下肢・体幹機能をどのように捉え評価介入していくのかを、症例を通じて分析ポイントを解説し、実技も交えながら参加者の思考を整理していく。
[プログラム]
午前:
1.立ち上がり動作における下肢・体幹の機能的戦略
2.股関節機能と頚部からみたコア・スタビリティ
午後:
3.下肢協調性破綻の要因をロジカルに紐解く
4.歩行における下肢の役割と股関節機能(一部変更の可能性あり)
講師/湯田健二(海老名総合病院医療技術部リハビリテーション科科長、理学療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/3月17日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1503973795-943273

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2017-08-30)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(4)
ウォーキング(3)
コミュニケーション(4)
コンディショニング(114)
ジュニア(3)
ストレッチング(27)
ストレングス&コンディショニング(1)
スポーツ医科学(14)
ダンス(1)
テーピング(14)
トレーナー(2)
トレーニング(51)
バイオメカニクス(1)
パーソナルトレーニング(1)
フィットネス(6)
ボディーメイク (2)
メンタルトレーニング(2)
ランニング(3)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(49)
健康(1)
動作評価(1)
各種セラピー:Jointing(3)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(6)
各種セラピー:トリガーポイント手技療法(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:フェルデンクライス・メソッド(1)
各種セラピー:ヨガ(7)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:導診法(1)
各種セラピー:徒手療法(3)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(8)
各種セラピー:筋膜リリース(3)
各種セラピー:運動・徒手療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種セラピー:関節モビライゼーション(1)
各種競技:ゴルフ(2)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(2)
呼吸(2)
女性(1)
女性 (2)
女性 トレーニング指導(1)
救急救命(2)
栄養(5)
機能解剖学(8)
歩行(1)
測定と評価(5)
球技スポーツ(1)
解剖(14)
運動指導(3)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
宮城(5)
茨城(1)
栃木(6)
群馬(1)
埼玉(7)
千葉(6)
東京(230)
神奈川(7)
新潟(1)
石川(2)
長野(2)
岐阜(2)
静岡(1)
愛知(42)
三重(1)
滋賀(2)
京都(9)
大阪(61)
兵庫(4)
奈良(1)
広島(7)
徳島(1)
高知(1)
福岡(14)
熊本(3)
大分(2)
鹿児島(1)
沖縄(2)