トップ > セミナー情報 > 詳細

脊髄損傷のリハビリテーションの基本戦略とその実際

期日/2018年3月18日(日)
時間/10:00~16:00
会場/明治薬科大学剛堂会館1F「第2会議室」(東京都千代田区)

内容/脊髄損傷による障害では横断的麻痺となる。このことは誰もが周知のことである。しかし、ボディイメージの欠損した状態や残存部位を基本軸に麻痺部位を動かすことなど、脊髄損傷者が自己の麻痺部位をどのように知覚し運動を制御しているか想像しにくい。
脊髄損傷の理学療法では、受傷後と前で身体環境は全く変わってしまう。運動や感覚をいかに効果的に再学習することができるかがポイントとなる。必要となるのは脊髄損傷者の病態理解と損傷高位による残存能力を正確に把握することである。脊損の運動制御や課題遂行能力を段階的に設定し、運動学習が十分に定着しているかを確認し動作練習を行う必要がある。
この講義では、脊髄損傷者が動作を獲得するために必要な運動の進め方や効果的な動作獲得の方法を概説する。
[プログラム]
午前:
1.脊髄損傷の評価
2.リスク管理と合併症対策
午後:
1.脊損の病態理解
2.脊損の基本動作とアプローチ
講師/江口雅之

参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/3月17日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-911-2800
FAX:052-911-2803
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2017-11-22)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(3)
ウォーキング(1)
コンディショニング(43)
ストレッチング(11)
スポーツ医学(1)
スポーツ医科学(12)
チームサポート(1)
テーピング(7)
トレーニング(33)
ビジネス(1)
フィットネス(1)
マッサージ(2)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(38)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(4)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:徒手療法(13)
各種セラピー:柔道整復(14)
各種セラピー:筋膜アプローチ(1)
各種セラピー:筋膜リリース(6)
各種セラピー:運動・徒手療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ラグビー(2)
呼吸(1)
女性(1)
女性 (1)
栄養(4)
測定と評価(4)
解剖(8)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
宮城(1)
秋田(1)
栃木(4)
埼玉(2)
千葉(2)
東京(157)
神奈川(5)
新潟(1)
石川(3)
静岡(3)
愛知(31)
滋賀(3)
京都(1)
大阪(40)
兵庫(5)
鳥取(2)
広島(7)
香川(4)
福岡(6)
長崎(1)
沖縄(3)