トップ > セミナー情報 > 詳細

変形性膝関節症へのPTアプローチ~膝の機能解剖をどのように考えるのか~

期日/2018年5月12日(土)
時間/10:00~16:00
会場/國民會館住友生命ビル=武藤記念ホール12F「大ホール」(大阪市)

内容/変形性膝関節症に限らず膝関節障害を診るにあたっては、膝関節における機能解剖学と、病態を絞り込んでいくための触診技術ならびに検査技術の正確さが必要である。なぜならば、我々が行う運動療法技術は必ず「適応」のうえに実施されるべきものであり、そのための病態観察ならびに病態洞察は適切な技術選択において欠かせない能力であるからである。
病態に合った運動療法を行えば患者は当たり前のようによくなるし、病態に合わない治療では効果は上がらない。整形外科の中では「安定した関節は疼痛を出さない」といわれる。では、膝関節において不安定とは何か? そして安定させるとはどういうことであろうか。
ありふれた変形性膝関節症において見られる疼痛もさまざまである。歩行時痛、階段昇降時痛、膝関節伸展時痛または屈曲時痛正座時のみ生じる膝窩部痛など、変形性膝関節症患者が訴える疼痛は多岐にわたる。これら疼痛が運動療法によって消失したとき、膝に生じていた変形は消失するであろうか? 我々はいったい膝関節の「何を」治しているのであろうか? 膝関節 機能解剖学、超音波所見などを盛り込み、私なりの答えを出してみたいと考える。
講師/林 典雄(運動器機能解剖学研究所所長、理学療法士)

持ち物/バインダー持参(会場には机、テーブルなし)
参加費/12,500円
定員/120名
申込締切/5月11日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-911-2800
FAX:052-911-2803
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1513305245-269413

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2017-12-19)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(5)
コンディショニング(89)
ジュニア(1)
ストレッチング(8)
スポーツ医学(1)
スポーツ医科学(17)
チームサポート(1)
テーピング(12)
トレーナー(1)
トレーニング(44)
ビジネス(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(4)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(46)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(3)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:モビライゼーション(1)
各種セラピー:ヨガ(4)
各種セラピー:予防運動療法(5)
各種セラピー:徒手療法(7)
各種セラピー:整体(1)
各種セラピー:柔道整復(15)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(4)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(2)
呼吸(1)
栄養(7)
機能解剖学(6)
測定と評価(9)
解剖(13)
解剖学(3)
超音波(2)
運動学(1)
運動指導(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(3)
宮城(1)
栃木(5)
埼玉(2)
千葉(8)
東京(206)
神奈川(12)
新潟(1)
石川(5)
静岡(9)
愛知(28)
京都(1)
大阪(55)
兵庫(5)
鳥取(2)
広島(11)
香川(2)
福岡(12)
大分(2)
鹿児島(2)
沖縄(3)