トップ > セミナー情報 > 詳細

姿勢(立位・座位)の臨床意義を考える

期日/2018年3月25日(日)
時間/10:00~16:00
会場/パルティとちぎ男女共同参画センター「研修室」(栃木県宇都宮市)

内容/「姿勢はすべての動作の開始肢位」となる。このため、すべての療法士のトップランナーが「姿勢」の臨床的意義をよく知っている。そして、かならず不良姿勢の改善に着手しているし、不良姿勢から運動させることもない。
「姿勢」は「痛みのメカニズム」「低下した運動機能の改善」「カラダの動かしやすさ」「容姿」「筋緊張」「心」などと強く関連している。こうしたことから「姿勢」の意義を理解し、姿勢および動作を変える方法を知ることは、どの分野の療法士にとっても決めて重要。今回のセミナーでは、姿勢の意義と改善方法について説明する。
[プログラム]
姿勢や動作の臨床的重要性とその見方
姿勢や動作を変えるための考え方
治療の実際
[到達目標]
1.姿勢の意義と見方を理解し、臨床で応用する。
2.姿勢や動作を変えるための考え方を知り、カラダがこんな変化することということを実感する。
3.仮説検証作業とは何かを理解する。
[参考映像]
体幹機能:https://www.youtube.com/watch?v=mOFKm6c73zo
園部コンディション・ラボ:https://www.youtube.com/watch?v=bq5wr_LmAyg
動作分析:https://www.youtube.com/watch?v=M87-ydVIKhM
講師/園部俊晴(理学療法士)

参加費/一般10,000円、新人(1年目)7,000円、学生(資格未取得者)5,000円
定員/40名
申込締切/3月24日(土)
問い合わせ/宮の会
miyanokai@gmail.com
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e306754d551605

開催場所(都道府県別):栃木
(掲載日:2018-01-12)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(5)
コンディショニング(89)
ジュニア(1)
ストレッチング(8)
スポーツ医学(1)
スポーツ医科学(17)
チームサポート(1)
テーピング(12)
トレーナー(1)
トレーニング(44)
ビジネス(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(4)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(46)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(3)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:モビライゼーション(1)
各種セラピー:ヨガ(4)
各種セラピー:予防運動療法(5)
各種セラピー:徒手療法(7)
各種セラピー:整体(1)
各種セラピー:柔道整復(15)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(4)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(2)
呼吸(1)
栄養(7)
機能解剖学(6)
測定と評価(9)
解剖(13)
解剖学(3)
超音波(2)
運動学(1)
運動指導(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(3)
宮城(1)
栃木(5)
埼玉(2)
千葉(8)
東京(206)
神奈川(12)
新潟(1)
石川(5)
静岡(9)
愛知(28)
京都(1)
大阪(55)
兵庫(5)
鳥取(2)
広島(11)
香川(2)
福岡(12)
大分(2)
鹿児島(2)
沖縄(3)