トップ > セミナー情報 > 詳細

呼吸と運動機能への統合的アプローチ:骨盤帯1/胸郭肩甲帯1

期日/2018年3月3日(土)・4日(日)
時間/10:00〜17:00
会場/PARM-COTY 131 貸会議室 「ROOM 4 H」(宮城県仙台市)

内容/元来、運動とは可動性、安定性、モーターコントロール、筋力、パワー、スキルなどの要素が加算的に組み合わさることで成立する要素還元的過程と考えられていましたが、現在では、運動は周囲の環境と自身の状態を視覚、前庭覚、体感覚などから把握し、過去の経験に基づいて推論を行い、安全に運動を生成するために必要な出力をカラダで表現する能動的かつ創造的な過程であると考えられている。適切な運動を生成するためには感覚器からのインプット、脳での処理、カラダの表現力全てが要求される。
今回は骨盤と胸郭肩甲帯にスポットを当て、骨盤、胸郭を車のパーツのように捉えるのではなく、身体や運動全体を変化させるためのエントリーポイントとして捉えることで、より効果的な運動療法が行えるようになる。
[詳細] 
1日目(3/3)
骨盤帯1:
骨盤帯の神経学的側面
骨格の変性・変位
骨盤帯の機能解剖と運動学
呼吸と骨盤帯の連動
骨盤帯のポジション評価・改善
骨盤帯への徒手療法・運動療法 
1日目(3/4)
胸郭肩甲帯1:
胸郭肩甲帯の神経学的側面
胸郭肩甲帯の変性・変位
胸郭・肩甲帯の機能解剖と運動学
呼吸と肩甲胸郭関節の連動
胸郭、肩甲帯のポジション評価・改善
胸郭、肩甲帯への徒手療法・運動療法
講師/近藤拓人

受講料/両日32,400円、単日16,200円
定員/30名
問い合わせ/門間 昭
TEL:090-3981-3035
kadomame@icloud.com
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ce110f1c550777

開催場所(都道府県別):宮城
(掲載日:2018-01-18)
スポーツ医科学

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(7)
コミュニケーション(3)
コンディショニング(105)
コーチング(1)
ジュニア(3)
ストレッチング(9)
スポーツ医科学(17)
テーピング(7)
トレーニング(35)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(1)
リハビリテーション(55)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ヨガ(5)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:整体(1)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(4)
各種セラピー:筋膜リリース(13)
各種セラピー:運動療法(1)
各種競技:ゴルフ (1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:バスケットボール(2)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(3)
呼吸(1)
栄養(2)
機能解剖学(10)
測定と評価(5)
解剖(8)
解剖学(3)
超音波(1)
運動指導(1)
関節ニュートラル整体(2)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
青森(1)
宮城(3)
栃木(6)
群馬(1)
埼玉(2)
千葉(13)
東京(182)
神奈川(15)
新潟(4)
石川(3)
長野(1)
静岡(7)
愛知(41)
滋賀(6)
京都(9)
大阪(50)
兵庫(1)
岡山(3)
広島(5)
愛媛(2)
福岡(10)
大分(2)
鹿児島(1)
沖縄(1)