トップ > セミナー情報 > 詳細

コンディショニングセンターとして行うべき、動作機能評価から改善に向けたアプローチ

期日/2018年3月31日(土)・4月1日(日)
時間/10:00~17:00
会場/PARM-CITY131 貸会議室「ROOM 5B」(宮城県仙台市)

内容/講師の務めるコンディショニングセンターでのシステムや事例を交えながら、トレーニング指導者と治療家双方の介入への優先順位をつけるための評価方法を、動作の観点から解釈していく。また、導き出された結論から、どういった手順で介入をしていくのが、安全で効果的かつ効率的であるかを解説する。
[プログラム]
1日目(3/31):
コンディショニングにおける決定要因
評価システムの構築概念
運動指導者と治療家の共通言語
動作の観点から着目すべき、各関節の機能と運動連鎖
機能的動作を遂行するための決定要因
TCG(TACHIRYU CONDITIONING GYM)で行っている評価システムの解説(実技含む)
2日目(4/1):
評価システムから導き出された結論の解釈(実技※ワーク含む)
TCGで行っているコレクティブエクササイズ
安全性と効果・効率を求めるための、動作パターンの考え方
プログレッションとリグレッションの考え方
講師/三浦佳祐(日体協AT、CSCS、JATI-AATI、NASM-PES)

対象/アスレティックトレーナー、S&Cコーチ、医療従事者(理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼・灸師)、ジムや治療院の経営者・マネージャー
参加費/
両日受講:一般37,800円、学生30,240円
1日受講:一般21,600円、学生16,200円
定員/各30名
問い合わせ/門間 昭
TEL:090-3981-3035
kadomame@icloud.com

開催場所(都道府県別):宮城
(掲載日:2018-02-13)
測定と評価

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(8)
コミュニケーション(3)
コンディショニング(106)
コーチング(2)
ジュニア(3)
ストレッチング(9)
スポーツ医科学(16)
テーピング(7)
トレーニング(35)
バイオメカニクス(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(2)
ランニング(1)
リハビリテーション(62)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ヨガ(6)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:整体(1)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(13)
各種セラピー:運動療法(1)
各種競技:ゴルフ (1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:バスケットボール(2)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(3)
呼吸(1)
栄養(2)
機能解剖学(10)
測定と評価(5)
解剖(8)
解剖学(3)
超音波(1)
運動指導(1)
関節ニュートラル整体(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
青森(1)
宮城(3)
栃木(6)
群馬(1)
埼玉(3)
千葉(14)
東京(184)
神奈川(15)
新潟(4)
石川(3)
長野(1)
静岡(7)
愛知(41)
滋賀(6)
京都(9)
大阪(50)
兵庫(1)
岡山(3)
広島(5)
愛媛(2)
福岡(11)
大分(1)
鹿児島(1)
沖縄(1)