トップ > セミナー情報 > 詳細

ISR(組織間リリース)セミナー2018(全3回)

期日/第1回:2018年7月22日(日)、第2回:8月25日(土)、第3回:9月29日(土)
時間/9:30~16:30
会場/京都テルサ、第1・2回:東館3F「 D会議室」、第3回:東館2F「中会議室」(京京都市)

内容/関節疾患が思うように治らないとき、関節拘縮やその原因である組織間の滑走不全が障壁となっていることが少なくない。組織間リリースまたはISR(Inter-Structural Release)とは、長期間の「拘縮」や「可動域制限」に対しても、確実に可動性を回復させるための徒手療法技術。
ISRは、主に以下のような目的で使用される。
1.慢性痛への効果
2.マルアライメントの修正
3.正常な筋機能の獲得
ISRの技術は、繊細な指先の触診技術とともに進歩してきた。具体的には、指先を組織の間に滑り込ませて、末節骨遠位端を使って1mmの精度で疎性結合組織をリリースする。その結果、あらゆる軟部組織(皮下組織、筋、腱、神経、骨膜など)を対象として、組織間の癒着をリリース(解放)し、滑走性を改善する。組織をつぶすことなく、溶かすように組織間の滑走性を改善させる。幼児期のときのように、全ての組織がスムーズに滑るようになることで、組織の緊張が軽減され、癒着による痛みが軽減される。
講師/蒲田和芳

参加費/96,180円
定員/50名
申込締切/7月17日(火)
問い合わせ/株式会社GLAB
TEL & FAX:0823-36-2468
seminar@g-lab.biz
http://www.glabshop.com/isr2018/

開催場所(都道府県別):京都
(掲載日:2018-04-28)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(3)
アスレティックトレーニング(5)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(7)
コンディショニング(133)
コーチング(3)
ジュニア(2)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(1)
スポーツ医科学(18)
テーピング(17)
トレーナー(9)
トレーニング(32)
バイオメカニクス(1)
ビジネス(3)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(4)
マタニティ(1)
マネジメント(1)
マーケティング(1)
メンタル(1)
メンタルトレーニング(3)
ランニング(2)
リハビリテーション(42)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ピラティス(4)
各種セラピー:マッサージ(2)
各種セラピー:予防運動療法(5)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(12)
各種セラピー:筋膜アプローチ(7)
各種セラピー:筋膜リリース(10)
各種セラピー:運動療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(3)
女性(2)
姿勢(1)
子ども(2)
救急救命(1)
栄養(2)
機能解剖学(5)
測定と評価(7)
生理学(2)
解剖(3)
解剖学(4)
運動指導(1)
高齢者(4)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
宮城(2)
秋田(1)
茨城(4)
栃木(2)
埼玉(3)
千葉(18)
東京(217)
神奈川(16)
新潟(1)
富山(1)
石川(2)
長野(1)
静岡(10)
愛知(42)
滋賀(9)
京都(17)
大阪(42)
兵庫(7)
和歌山(2)
岡山(1)
広島(1)
福岡(12)
沖縄(2)