トップ > セミナー情報 > 詳細

慢性腰痛の機能解剖学的診方・考え方~病態の解釈と運動療法のマッチング~

期日/2018年11月3日(土)
時間/10:00~16:00
会場/東京証券会館8F「ホール」(東京都中央区)

内容/腰痛はあくまで症状のひとつであり、肩関節周囲炎に見られる肩関節痛と何ら変わらない。肩関節周囲炎に見られる疼痛の原因には、腱板炎、上腕二頭筋長頭腱炎、肩峰下滑液包炎局所の拘縮などの病態の上に疼痛が生じているわけであり、腰痛を診るにあたっても疼痛の出所を可能な限り絞り込む作業が不可欠である。
腰痛の原因となる組織には、多裂筋をはじめとする筋肉、椎間板、椎間関節、仙腸関節のほか骨折脊椎炎なども症状として腰痛を訴える。つまり「理学療法士として対処できる腰痛の適応」を抽出するとともに、その病態に適した運動療法の実施が求められている。
本講演では、各種腰痛の病態解釈に必要な知識を整理するとともに、病態に合った運動療法の選択について私の考えを述べる。
講師/林 典雄(運動器機能解剖学研究所所長、理学療法士)

持ち物/会場はホールなので、要バインダー
参加費/12,500円
定員/150名
申込締切/11月2日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1527577129-706897

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2018-06-05)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(6)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(133)
コーチング(1)
コーディネーション(1)
ジュニア(3)
ストレッチング(12)
スポーツメディスン(2)
スポーツ医科学(13)
テーピング(14)
トレーナー(2)
トレーニング(39)
トレーニング指導(6)
バイオメカニクス(1)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーナー(1)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(3)
マネジメント(1)
マーケティング(2)
メンタルトレーニング(3)
ランニング(1)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(45)
内臓マニピュレーション(1)
各種セラピー:SASマニュアルセラピー(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:予防運動療法(3)
各種セラピー:体外衝撃波治療(2)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:柔道整復(12)
各種セラピー:理学療法(3)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(3)
女性(1)
栄養(2)
機能解剖学(3)
測定と評価(7)
自己研鑽(1)
解剖学(4)
運動指導(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
岩手(2)
宮城(1)
福島(1)
栃木(3)
埼玉(7)
千葉(8)
東京(187)
神奈川(17)
新潟(1)
石川(7)
静岡(5)
愛知(31)
滋賀(3)
京都(12)
大阪(54)
兵庫(2)
岡山(2)
広島(5)
徳島(3)
香川(2)
愛媛(2)
福岡(16)
熊本(1)
大分(1)
沖縄(1)