トップ > セミナー情報 > 詳細

3D解剖から見るマニュアルセラピー(全2日)

期日/2018年9月16日(土)、11月18日(日)
時間/9:30~14:00
会場/中之島プラザ10F「プレミアムルーム」(大阪市)

内容/「肩がこっているから揉んでほしい」「腰が痛いから押してほしい」。子どもの頃に両親に頼まれた経験のある人も多いのではないか。痛い場所を押して痛みが和らぐ刺激鎮痛点は、人種・文化・生活様式を越えて世界各地で伝わっている。その中でもとくに有名なものが、東洋医学でのツボ、現代医学でのトリガーポイントと呼ばれている。「痛い場所を押して痛みが和らぐ」という現象を紐解く keyword が「受容器の感作」。
マニュアルセラピ-(徒手療法)で「『痛いけれども、何とも言えない気持ちよさがある』という感覚を生じさせる」「クライアントの『触ってもらいたかった』部位に当てる」「その場限りの効果ではないものにする」、これらのことを達成するためには、なんとなく筋肉を押すではなく、筋肉のどの部位をどのように押すのかを明確にする必要がある。
体表解剖や触察、マニュアルセラピ-単独の講習は多くあるが、今回は、関西医療大学より複数のトリガーポイント関連の文献を持つ北川洋志を招き、筋肉や骨の位置関係や形状を知り、触り、マニュアルセラピ-に活かすプロセスを紹介する。学習目標はマニュアルセラピ-で治る痛みと治らない痛みについて理解を深める。皮膚の奥にある筋肉や骨などの位置関係や形状を3Dで理解する。なんとなく筋肉を押すではなく、筋肉のどの部位をどのように押すのか明確にする。
[スケジュール]
9月16日:下半身編
11月18日:上半身編
講師/北川洋志 (関西医療大学保健医療学部 助教)

参加費/一般12,960、Kinetikos有料会員12,312、学生5,400円(両日申込の場合はセット割引15%オフ)
定員/12名
問い合わせ/株式会社リーチ
TEL:075-707-8877
FAX:075-707-8878
info@reach4d.jp
http://www.reach4d.jp/edu/ws/index.htm

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2018-07-30)
各種セラピー:徒手療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(6)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(132)
コーチング(1)
コーディネーション(1)
ジュニア(3)
ストレッチング(12)
スポーツメディスン(2)
スポーツ医科学(13)
テーピング(15)
トレーナー(2)
トレーニング(39)
トレーニング指導(6)
バイオメカニクス(1)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーナー(1)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(3)
マネジメント(1)
マーケティング(2)
メンタルトレーニング(3)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(42)
内臓マニピュレーション(1)
各種セラピー:SASマニュアルセラピー(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:予防運動療法(3)
各種セラピー:体外衝撃波治療(2)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:柔道整復(12)
各種セラピー:理学療法(3)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(3)
女性(1)
栄養(1)
機能解剖学(3)
測定と評価(7)
自己研鑽(1)
解剖学(4)
運動指導(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
岩手(2)
宮城(1)
福島(1)
栃木(3)
埼玉(6)
千葉(8)
東京(186)
神奈川(17)
新潟(1)
石川(7)
静岡(5)
愛知(29)
滋賀(3)
京都(12)
大阪(54)
兵庫(2)
岡山(2)
広島(5)
徳島(3)
香川(2)
愛媛(2)
福岡(16)
熊本(1)
大分(1)
沖縄(1)