トップ > セミナー情報 > 詳細

体の中心から考える体幹機能障害~動作の関連性から診る評価と治療方法~

期日/2019年1月20日(日)
時間/10:00~16:00
会場/平和と労働センター・全労連会館2F「ホール」(東京都文京区)

内容/狙いは体幹のマルアライメントの考え方を理解し、どのように評価するのか。体幹機能の改善方法を知り、臨床で実践できるようになる。下肢の運動連鎖との関連を知り、体幹の機能異常が下肢障害に関与していることを理解する。
リハビリテーションやスポーツ医療に携わっているセラピストは、誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを知っている。しかし、体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、また下肢の運動連鎖とはどのように関連し合っているのかを理解しているセラピストはほとんどいない。今回は「体幹の見方と誘導方法」「体幹のマルアライメントの改善方法」「下肢の運動連鎖との関連」について、運動療法とインソールパッドの考え方を中心に解説し、私が臨床で実際に行っている方法を紹介する。
[プログラム]
午前:
1.私の考える体幹の見方
2.体幹のマルアライメント改善の考え方
午後:
3.下肢の運動連鎖との関連
4.運動療法とインソールの考え方
講師/園部俊晴(コンディション・ラボ所長、運動と医学の出版社代表取締役社長、理学療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/1月19日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1530946433-881193

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2018-09-14)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(9)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(152)
コーチング(3)
ジュニア(6)
ストレッチング(6)
ストレングストレーニング(2)
スポーツ医科学(16)
スポーツ科学(2)
テーピング(36)
トレーナー(2)
トレーニング(34)
トレーニング指導(7)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネススキル(1)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(3)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(4)
マネジメント(1)
マーケティング(3)
メンタルトレーニング(5)
ランニング(2)
リハビリテーション(48)
各種セラピー:オステオパシー(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(2)
各種セラピー:ピラティス(5)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:予防運動療法(3)
各種セラピー:柔道整復(12)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(4)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(1)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(2)
呼吸(1)
女性(3)
栄養(9)
機能解剖学(3)
測定と評価(8)
睡眠(1)
解剖学(3)
運動指導(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(8)
岩手(1)
宮城(5)
福島(1)
栃木(2)
埼玉(4)
千葉(7)
東京(212)
神奈川(18)
新潟(1)
富山(3)
石川(6)
長野(4)
静岡(4)
愛知(39)
滋賀(6)
京都(20)
大阪(56)
兵庫(3)
島根(1)
岡山(2)
広島(5)
徳島(4)
香川(2)
愛媛(2)
福岡(8)
長崎(2)
熊本(1)
大分(2)
宮崎(1)
沖縄(3)