トップ > セミナー情報 > 詳細

肩関節機能障害における関節機能解剖学的病態評価と運動療法の考え方:実技編

期日/2018年12月24日(月)
時間/10:00~16:00
会場/大阪国際会議場=グランキューブ大阪10F「1008」(大阪市)

内容/狙いは複雑な肩関節障害について、関節機能解剖学ならびに運動器超音波機能解剖所見と実際の運動療法技術との融合を図る。
肩関節機能を映画にたとえるならば、主演俳優に該当するのが肩甲上腕関節、助演俳優に該当するのが肩甲胸郭関節。互いが効率よく円滑に機能することで骨頭の求心性が維持される。骨頭の求心性を乱す要因はさまざまだが、その要因を抽出するのがscience、実際に治すプロセスがskill。肩関節障害に対して我々が行う運動療法は、必ず求心性の改善に繋がることが必要であり、求心性の改善が疼痛ならびにパフォーマンスの改善へと繋がる。実技では肩甲上腕関節の拘縮治療に鋭く迫る。セラピストはtherpyをする人のこと。1日目の理論を踏まえたうえで、そのskillの妙をどっぷりと感じる。
[プログラム]
1.肩関節拘縮についてマニアックに迫る。part1
2.肩関節拘縮についてマニアックに迫る。part2
3.肩峰下滑動機構の癒着をどう改善するか?
※本セミナーは12月23日(日)開催の「肩関節機能障害における関節機能解剖学的病態評価と運動療法の考え方」の内容をもとに実技を行うので、必ず前日のセミナーを受講のこと。
講師/林 典雄(運動器機能解剖学研究所所長、理学療法士)

服装/実技あり、肩関節を観察しやすい服装(タンクトップなど)
参加費/15,500円
定員/60名
申込締切/12月23日(日)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1532325609-280989

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2018-10-04)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(5)
コンディショニング(104)
コーチング(3)
シニア(1)
ジュニア(8)
ストレッチング(25)
ストレングストレーニング(2)
スポーツメディスン(7)
スポーツ医科学(7)
テーピング(12)
トレーニング(31)
トレーニング指導(2)
バイオメカニクス(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(3)
ビジネススキル(3)
ビジョントレーニング(2)
マッサージ(3)
メンタルトレーニング(1)
ユース(1)
リハビリテーション(47)
分析(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:柔道整復(13)
各種セラピー:物理療法(1)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(6)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種セラピー:組織間リリース(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ (1)
各種競技:サッカー(4)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(12)
呼吸(2)
栄養(2)
機能解剖学(5)
歩行(1)
測定と評価(4)
神経科学(1)
解剖(2)
解剖学(4)
運動指導(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(1)
宮城(1)
秋田(1)
山形(1)
栃木(1)
群馬(2)
埼玉(7)
千葉(6)
東京(173)
神奈川(10)
新潟(1)
石川(3)
静岡(7)
愛知(36)
三重(1)
滋賀(4)
京都(2)
大阪(49)
兵庫(4)
広島(3)
山口(1)
徳島(4)
愛媛(1)
福岡(15)
長崎(1)
熊本(1)
鹿児島(2)
沖縄(9)
全国(6)