トップ > セミナー情報 > 詳細

NSCAジャパン「正しいパートナ―ストレッチとセルフコンディショニング」「ジュニア~ユース期における障害予防のためのムーブメントスキルの活用について」

期日/2018年12月16日(日)
時間/9:30~16:30
会場/NPO法人KATT ASIA「トレーニングジムK2ATT(カット)スタジオ」(福岡県筑後市)

内容/「正しいパートナ―ストレッチとセルフコンディショニング~一般アスリートや中高年者に対する手法を学ぶ~」:ストレッチやコンディショニングの認知度は高まり、その重要性もほとんどの人が知っている。しかし、正しいストレッチやコンディショニングを正しいタイミングで、正しいやり方で実践している人は少ないのが現状。何故そのストレッチが必要なのか。何故そのポジションなのか。今のストレッチのリスクはどこにあるのか。そこまでを理解して行っている人が増えてこそ、認知の意味をなすと考える。今回はパートナーストレッチやセルフコンディショニングなどの実践を踏まえながらひとつひとつ確認していく。
講師/藤田剛央(NSCA-CPT、日本ストレッチング協会認定ストレッチングマスター、Personal Training STYLE ONE、トライアスロンクラブ藤田塾)

「ジュニア~ユース期における障害予防のためのムーブメントスキルの活用について」:昨今、競技スポーツの専門化・低年齢化が進み、ジュニア期でのスポーツ外傷・障害の発生リスクが増しているが、競技の専門化によるオーバーユースのみならず、姿勢不良や基本的な動作の未習得が及ぼす影響が大きいと現場で感じている。今回はとくに、股関節の動きにフォーカスしながら、基本的なムーブメントスキルを理解し、適切な動作の出力向上と出力の方向性、目的に合わせた出力の伝達の必要性を考えながら、動くための環境や状況、方向、目的に適応するための段階的な動作が必要とするフィールド競技であるサッカーを具体例に理論と実践を学んでいく。
講師/井手宏法(NSCA-CPT、NSCAジャパンレベルアッププログラムI認定)

参加費/一般9,720円、NSCA会員6,480円
定員/25名
申込締切/12月13日(木)
問い合わせ/NPO法人NSCAジャパン
http://www.nsca-japan.or.jp/05_seminar/nsca_semi.html

開催場所(都道府県別):福岡
(掲載日:2018-10-06)
ジュニア ユース コンディショニング

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(5)
キッズ(1)
コンディショニング(112)
コーチング(3)
シニア(3)
ジュニア(8)
ストレッチング(25)
ストレングストレーニング(2)
スポーツメディスン(7)
スポーツ医科学(7)
テーピング(12)
トレーニング(31)
トレーニング指導(2)
バイオメカニクス(2)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(3)
ビジネススキル(3)
ビジョントレーニング(2)
マッサージ(3)
メンタルトレーニング(1)
ユース(1)
リハビリテーション(47)
分析(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:柔道整復(13)
各種セラピー:物理療法(1)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(6)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種セラピー:組織間リリース(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ (1)
各種競技:サッカー(4)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(12)
呼吸(3)
栄養(2)
機能解剖学(5)
歩行(1)
測定と評価(4)
神経科学(1)
解剖(2)
解剖学(4)
運動指導(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(1)
宮城(3)
秋田(1)
山形(1)
栃木(1)
群馬(2)
埼玉(7)
千葉(6)
東京(179)
神奈川(11)
新潟(1)
石川(3)
静岡(7)
愛知(36)
三重(1)
滋賀(4)
京都(2)
大阪(49)
兵庫(4)
広島(3)
山口(1)
徳島(4)
愛媛(1)
福岡(15)
長崎(1)
熊本(2)
鹿児島(2)
沖縄(9)
全国(6)