トップ > セミナー情報 > 詳細

バイオメカニクスと神経科学に基づいた動作のみかた~統合的運動生成概念と、それに基づくBiNI approachの実際

期日/2019年2月16日(土)
時間/10:00~16:00
会場/東京文具共和会館=KYOWA FORUM 4F「BC室」(東京都台東区)

内容/狙いは運動制御理論の対極にある運動自己組織化理論を理解し、リハビリテーション治療のパラダイムシフトを考える。
我々は「人の動き:運動」を地球上で一様に与えられている力学的法則に立脚して、臨床家としての新しい視点を加えて考察し、自己組織化理論に基づく運動生成として捉え直している。そしてバイオメカニクスの観点から観察・説明できる身体運動を、神経科学・発生学・非線形力学・運動器連結を含む構造・人の左右特異性・感覚入力位置特異性などの観点と関連性を持たせながら統合的に説明する概念、「統合的運動生成概念」を構築した。
身体運動に対する治療介入においてはバイオメカニクスで観察される外力こそ、中枢神経系が取り込む「感覚」であると、我々は考えている。そしてその「感覚」こそが、「中枢神経系」というコンバーターによって「運動」に変換される。人が調節可能な外力である床反力、慣性力などを全て「感覚」として捉え、治療に応用している。人体構造の変化も感覚の変化を生起するため、組織の性質・アライメントも重要視している。
疾患にかかわらずシンプルでありながら的確な変化を引き起こすBiNI Approach (Biomechanics and Neuroscience Integrative Approach) を併せて提案する。
[プログラム]
午前:
1.筋・筋膜・靭帯・骨膜 同士の滑り
2.臨床家が捉える神経システムとは?
午後:
3.運動の自己組織化理論について
4.BiNI Approach(動画紹介)
服装/実技あり、動きやすい服装(Tシャツ、ハーフパンツなど)
講師/舟波真一(一般社団法人BiNI COMPLEX JAPAN代表理事、BiNIリハビリセンター東京銀座、理学療法士)

参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/2月15日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1540275106-703510

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2018-11-08)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(7)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(112)
コーチング(1)
シニア(1)
ジュニア(12)
ストレッチング(8)
ストレングストレーニング(2)
スポーツメディスン(6)
スポーツ医科学(6)
スポーツ科学(1)
テーピング(23)
トレーナー(2)
トレーニング(39)
トレーニング指導(6)
バイオメカニクス(3)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(2)
ビジネス(6)
ビジネススキル(3)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(1)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(5)
マーケティング(1)
メンタルトレーニング(3)
ユース(1)
リハビリテーション(42)
分析(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(2)
各種セラピー:予防運動療法(1)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(3)
各種セラピー:組織間リリース(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ (3)
各種競技:サッカー(5)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(12)
女性(2)
安全管理(1)
栄養(4)
機能解剖学(2)
歩行(1)
測定と評価(2)
神経科学(1)
解剖(1)
解剖学(4)
運動指導(4)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
宮城(2)
秋田(1)
栃木(3)
埼玉(5)
千葉(5)
東京(168)
神奈川(12)
新潟(2)
富山(3)
石川(2)
長野(3)
静岡(7)
愛知(38)
三重(1)
滋賀(3)
京都(6)
大阪(49)
兵庫(7)
岡山(1)
広島(3)
山口(1)
徳島(3)
香川(1)
愛媛(1)
福岡(16)
長崎(1)
鹿児島(2)
沖縄(8)
全国(4)