トップ > セミナー情報 > 詳細

肩甲帯の機能障害に関係した肩関節疾患の治療戦略における重要なポイント~肩関節周囲炎および肩関節近位端骨折後の拘縮、胸郭出口症候群などを中心に〜

期日/2019年2月24日(日)
時間/10:00~16:00
会場/東京文具共和会館=KYOWA FORUM 3F「BC室」(東京都台東区)

内容/狙いは肩甲帯の評価や治療の仕方をマスターして、肩関節疾患の治療成績をそれまで以上に高められるようになることを目的とする。若手のセラピスト対象。
肩甲帯の解剖と機能解剖の知見を、しっかりと理解できるよう丁寧に解説する。また、これらをベースに臨床で多い病態について理論的に説明していく。病態の理解と評価がマッチングすることで、おのずと治療の道すじは見えてくる。この知識と技術は、肩関節疾患、上腕骨近位端骨折、胸郭出口症候群などの治療戦略を立てるうえで非常に役立つ。肩甲上腕関節は肩関節の主体ではあるが、今回は肩甲胸郭関節からみた肩関節について、臨床の助けとなる内容を伝える。
[プログラム]
午前(座学):
1.肩甲帯機能障害と肩関節疾患
2.肩甲帯の解剖・機能解剖の知見
3.臨床で多い病態
4.評価と治療
午後(実技):
1.触診とトレース
2.肩甲胸郭関節障害に必要な評価
3.肩甲帯周囲筋のリラクセーションとストレッチング
※実技の際、講義で行う主要な解剖学的部位を水性ペンでトレースするので、予め承知のこと。
講師/赤羽根良和(さとう整形外科、理学療法士)

服装/実技あり、肩甲帯を露出しやすく、動きやすい服(Tシャツ、タンクトップ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/2月23日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1539838876-673563

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2018-11-08)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(7)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(112)
コーチング(1)
シニア(1)
ジュニア(12)
ストレッチング(8)
ストレングストレーニング(2)
スポーツメディスン(6)
スポーツ医科学(6)
スポーツ科学(1)
テーピング(23)
トレーナー(2)
トレーニング(39)
トレーニング指導(6)
バイオメカニクス(3)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(2)
ビジネス(6)
ビジネススキル(3)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(1)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(5)
マーケティング(1)
メンタルトレーニング(3)
ユース(1)
リハビリテーション(42)
分析(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(2)
各種セラピー:予防運動療法(1)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(3)
各種セラピー:組織間リリース(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ (3)
各種競技:サッカー(5)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(12)
女性(2)
安全管理(1)
栄養(4)
機能解剖学(2)
歩行(1)
測定と評価(2)
神経科学(1)
解剖(1)
解剖学(4)
運動指導(4)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
宮城(2)
秋田(1)
栃木(3)
埼玉(5)
千葉(5)
東京(168)
神奈川(12)
新潟(2)
富山(3)
石川(2)
長野(3)
静岡(7)
愛知(38)
三重(1)
滋賀(3)
京都(6)
大阪(49)
兵庫(7)
岡山(1)
広島(3)
山口(1)
徳島(3)
香川(1)
愛媛(1)
福岡(16)
長崎(1)
鹿児島(2)
沖縄(8)
全国(4)