トップ > セミナー情報 > 詳細

高齢者の肩関節周囲骨折後を見極める~術後・保存療法のリハビリテーションを中心に~

期日/2019年5月19日(日)
時間/10:00~16:00
会場/名古屋市中小企業振興会館4F「第3会議室」(愛知県名古屋市)

内容/狙いは高齢者の四大骨折のひとつといわれる上腕骨近位端骨折は全骨折の5%を占め、8~9割が保存療法。「着替えが大変」「洗濯物が干せない」「スイミングに行けない」など、ADL・QOLの問題に繋がるこの骨折の保存療法と術後の対処法を学ぶ。
自己触診や画像評価により、肩関節周囲の解剖を確認し、骨折に伴って生じる軟部組織損傷とその影響とを理解する。拘縮の予防法と対処法を知り、治療におけるさまざまな段階で何をしたらよいのかを学ぶ。また、限界についても示す。
同じ診断名でも、考えるべきことがこんなにも違う。提示する一例、一例の共通点と相違点とがわかったとき、目の前の患者への適切な対応を選択できるようになる。肩関節周囲骨折の読影力の向上にも繋がるように、できる限り多くの臨床画像を用いて解説する。
[プログラム]
前半:
1.肩関節周囲の簡単な自己触診(自分で自分の身体に触れる)
2.肩関節周囲骨折の画像評価
3.骨折後の拘縮と機能障害
後半:
1.保存療法について
2.手術療法と術後リハについて
講師/浅野昭裕(中部学院大学看護リハビリテーション学部理学療法学科教授、理学療法士)

参加費/12,500円
定員/30名
申込締切/5月18日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1540619028-306732

開催場所(都道府県別):愛知
(掲載日:2018-11-08)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(7)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(112)
コーチング(1)
シニア(1)
ジュニア(12)
ストレッチング(8)
ストレングストレーニング(2)
スポーツメディスン(6)
スポーツ医科学(6)
スポーツ科学(1)
テーピング(23)
トレーナー(2)
トレーニング(39)
トレーニング指導(6)
バイオメカニクス(3)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(2)
ビジネス(6)
ビジネススキル(3)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(1)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(5)
マーケティング(1)
メンタルトレーニング(3)
ユース(1)
リハビリテーション(42)
分析(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(2)
各種セラピー:予防運動療法(1)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(3)
各種セラピー:組織間リリース(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ (3)
各種競技:サッカー(5)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(12)
女性(2)
安全管理(1)
栄養(4)
機能解剖学(2)
歩行(1)
測定と評価(2)
神経科学(1)
解剖(1)
解剖学(4)
運動指導(4)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
宮城(2)
秋田(1)
栃木(3)
埼玉(5)
千葉(5)
東京(168)
神奈川(12)
新潟(2)
富山(3)
石川(2)
長野(3)
静岡(7)
愛知(38)
三重(1)
滋賀(3)
京都(6)
大阪(49)
兵庫(7)
岡山(1)
広島(3)
山口(1)
徳島(3)
香川(1)
愛媛(1)
福岡(16)
長崎(1)
鹿児島(2)
沖縄(8)
全国(4)