トップ > セミナー情報 > 詳細

腰部・骨盤帯の運動機能障害に対する評価・治療とクリニカルリーズニング~徒手理学療法と運動療法の包括的アプローチ~

期日/2019年3月30日(土)
時間/10:00~16:00
会場/日本印刷会館2F「会議室」(東京都中央区)

内容/狙いは腰部・骨盤帯の運動機能障害に対する理学療法の適用を判断するための評価と、クリニカルリーズニングについて理解を深め、機能障害に対する包括的理学療法プログラムを考える。
理学療法の適用になるグリーンフラッグ所見について述べ、次に適用とならない心理社会的問題を示すイエローフラッグ所見や、重篤な病理学的問題を含み、すぐに医師に報告しなければならないレッドフラッグ所見について紹介する。
次に評価とクリニカルリーズニングの過程を述べる。そして腰部・骨盤帯の機能異常・障害の特徴と、理学療法の適用となる椎間板性、椎間関節性、仙腸関節性、筋筋膜性、神経原性の機能異常や疼痛の特徴について具体的に提示する。これらの機能異常に対する徒手理学療法と運動療法を含む、包括的理学療法について解説する。
さらに症例を紹介し、その評価とクリニカルリーズニング、理学療法プログラムについてデモンストレーションを交えて紹介し、ディスカッションする。最後に、評価・治療とクリニカルリーズニングについて体験する実習・演習を行い、より理解を深めていく。
[プログラム]
1.理学療法の対象
2.理学療法の過程とクリニカルリーズニング
3.運動器機能異常・障害の評価
4.腰痛・下肢痛のメカニズム
5.徒手理学療法と運動療法
6.症例検討
7.演習・実技練習
講師/藤縄 理(福井医療大学保健医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻教授、理学療法士)

服装・持ち物/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/3月29日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1543652837-751168

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-01-09)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(12)
コンディショニング(108)
コーチング(2)
シニア(1)
ジュニア(5)
ストレッチング(9)
ストレングストレーニング(3)
スポーツメディスン(4)
スポーツ医科学(4)
スポーツ科学(1)
テーピング(19)
トレーナー(6)
トレーニング(24)
トレーニング指導(4)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
ビジョントレーニング(4)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(4)
メンタル(3)
リハビリテーション(50)
分析(1)
動作(1)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:物理療法(1)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(11)
各種セラピー:筋膜リリース(9)
各種セラピー:組織間リリース(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:テニス (1)
各種競技:ラグビー(6)
各種競技:野球(3)
呼吸(2)
女性(2)
子ども(1)
栄養(3)
機能解剖学(7)
測定と評価(7)
脳科学(1)
解剖(6)
解剖学(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(1)
宮城(2)
山形(1)
栃木(3)
群馬(3)
埼玉(9)
千葉(8)
東京(172)
神奈川(9)
新潟(2)
石川(3)
長野(1)
静岡(6)
愛知(27)
三重(1)
滋賀(1)
京都(16)
大阪(48)
兵庫(5)
広島(7)
徳島(4)
香川(1)
福岡(24)
長崎(1)
熊本(1)
大分(1)
鹿児島(2)
沖縄(2)
全国(4)