トップ > セミナー情報 > 詳細

バイオメカニクスに基づいた身体正中化アプローチ方法

期日/2019年4月6日(土)
時間/10:00~16:00
会場/たかつガーデン8F「たかつ東中」(大阪市)

内容/狙いはバイオメカニクスの基本と、体幹や骨盤から身体正中化を図るアプローチについて学ぶ。アプローチ対象は運動器疾患を前提とする。
本講演においてはバイオメカニクスの基本と、体幹や骨盤から身体正中化を図るアプローチについて述べる。対象は運動器疾患を前提として行う。アプローチ方法については、筋、軟部組織操作に分けてペアの対象者の動きを変化させる。運動学的変化と運動力学的変化をバイオメカニクスに基づき、運動療法とテーピングにより歩行を変化させる。軟部組織と骨の相対位置関係についても軟部組織の摩擦を考慮し、一部軟部組織のバイオメカニクスについても述べる。運動療法は定型的なものではなく、評価ポイントを絞り、注力するポイントを説明する。
[プログラム]
1.バイオメカニクスに基づいた関節負担の考え方
2.骨盤からの上下行性運動連鎖の運動学と運動力学
3.筋活動の賦活と骨盤運動への影響、評価と治療
4.軟部組織と寛骨の相対的位置の評価と治療
5.皮膚テーピングを用いた身体正中化の方法
※本セミナーについて:以前、弊社開催致の「バイオメカニクスに基づいた歩行分析とアプローチ方法」よりタイトルを変更。上記セミナーを受講された人は「再受講割引」を適用しての参加が可能。
講師/福井 勉(文京学院大学保健医療技術学部教授、理学療法士)

服装・持ち物/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど、スカートや動きに制限のあるジーンズなどは控える)、はさみ
参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/4月5日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1543654533-114438

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2019-01-11)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(3)
コンディショニング(121)
ジュニア(1)
ストレッチング(4)
ストレングストレーニング(1)
スポーツ医科学(6)
スポーツ科学(1)
テーピング(24)
トレーニング(31)
トレーニング指導(1)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(4)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(1)
マッサージ(3)
マネジメント(1)
メンタル(3)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(58)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(4)
各種セラピー:マニュピレーション(1)
各種セラピー:ヨガ(8)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(13)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(13)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:鍼・灸(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(2)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(2)
子ども(1)
救急救命(1)
栄養(8)
機能解剖学(12)
測定と評価(6)
睡眠(2)
神経学(1)
解剖(2)
運動指導(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(1)
岩手(1)
宮城(3)
茨城(1)
栃木(5)
群馬(4)
埼玉(5)
千葉(3)
東京(188)
神奈川(19)
富山(2)
石川(4)
長野(2)
静岡(4)
愛知(50)
三重(3)
京都(11)
大阪(56)
兵庫(7)
島根(1)
岡山(2)
広島(5)
徳島(11)
香川(1)
福岡(29)
佐賀(1)
長崎(2)
熊本(1)
宮崎(1)
沖縄(1)