トップ > セミナー情報 > 詳細

整形外科疾患へのアプローチに活かす内臓機能の理解と触診~筋・骨格系と内臓機能の繋がりを理解したアプローチの考え方~

期日/2019年4月14日(日)
時間/10:00~16:00
会場/科学技術館事務棟6F「第3会議室」(東京都千代田区)

内容/狙いは骨格筋と内臓との直接的な繋がりを知ることで、今まで行ってきた整形外科的なアプローチのみの治療結果以上の反応を出せるようにする。
整形外科的な疾患を治療する際に多くのセラピストが考えるのは、全体像、局所、姿勢、動作が中心だが、その中に「内臓」を含めることは非常に少ない。たとえば、動作改善や疼痛コントロールに対して、腹式呼吸が腹圧や自律神経に対する反応として重要であることは周知の如くであるが、それに伴い内臓の「位置」「重心」を変化させていることを考えてトレーニングを行っていることが少ないように感じる。
また、骨盤底筋のトレーニングが注目されている中で、骨盤底筋と腎臓の繋がりをイメージしてトレーニングを行うことがどれほど重要かを考えてみる。骨盤底筋は腹圧に関与する重要なインナーユニットである。インナーユニットと腎臓には繋がりがあり、呼吸に伴って上下動する。その際にどのような体幹のトレーニングを行うと、より効率よく滑らかに体幹を動かすことができるか実技を織り交ぜながら行い、これからの臨床の参考になるようにセミナーを進行していく。
[プログラム]
午前:
骨格筋と内臓との繋がり
内臓触診のための基礎知識
インナーユニットに影響のある臓器の触診(肝臓、胃)
午後:
インナーユニットに影響のある臓器の触診(腎臓、膀胱、子宮)
腰痛治療の内臓ストレッチ
頸部痛治療の内臓ストレッチ
質疑応答
講師/神谷秀明(株式会社 Performance Reha 代表取締役、いちゃりば鍼灸治療院院長、理学療法士、鍼灸師、アスレティックトレーナー 内臓ストレッチマスターインストラクター)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/4月13日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1543899248-084687

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-01-11)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(12)
コミュニケーション(2)
コンディショニング(107)
コーチング(2)
シニア(1)
ジュニア(5)
ストレッチング(11)
ストレングストレーニング(3)
スポーツメディスン(4)
スポーツ医科学(4)
スポーツ科学(1)
チームビルディング(1)
テーピング(19)
トレーナー(6)
トレーニング(25)
トレーニング指導(4)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
ビジョントレーニング(4)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(4)
メンタル(3)
リハビリテーション(47)
分析(1)
動作(1)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:物理療法(1)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(11)
各種セラピー:筋膜リリース(8)
各種セラピー:組織間リリース(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:テニス (1)
各種競技:ラグビー(6)
各種競技:野球(3)
呼吸(2)
女性(2)
子ども(1)
栄養(3)
機能解剖学(8)
測定と評価(7)
脳科学(1)
解剖(6)
解剖学(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(1)
宮城(2)
山形(1)
栃木(3)
群馬(3)
埼玉(9)
千葉(8)
東京(184)
神奈川(9)
新潟(2)
石川(3)
長野(1)
静岡(6)
愛知(31)
三重(1)
滋賀(1)
京都(19)
大阪(52)
兵庫(5)
広島(8)
徳島(4)
香川(1)
愛媛(1)
福岡(26)
長崎(1)
熊本(1)
大分(1)
鹿児島(2)
沖縄(2)
全国(4)