トップ > セミナー情報 > 詳細

足部機能獲得のための目標と手順~足部が変える体幹・下肢~

期日/2019年4月21日(日)
時間/10:00~16:00
会場/ララカフェ宇都宮(栃木宇都宮市)

内容/足部・足関節は唯一地面に接している部位であるため、歩行やスポーツ動作、姿勢制御においてとくに重要な役割を果たす。実際、教科書にも載っているような「足部の機能として大切なこと」はいくつもある。歩行でいえば「距腿関節の安定性」「後足部機能」「足部アーチ」「ウインドラス機構」「トラス機構」「クロスアーチサポート」など。姿勢制御でいえば「距骨の上に脛骨を立たせる」「距骨の上にある脛骨をコントロールする」など。
足部(土台)が安定しなければ、内転筋や内側ハムストリングス、腸腰筋などの重要な筋活動を促進することはできなくなる。ということは、足部機能に問題があると、下肢機能や体幹機能に影響が出てしまうということ。その重要な足部・足関節機能を「どこまで改善することができるのか」「どこを評価するのか」「どうアプローチすればいいのか」がわかっていると、足部自体の不調はもちろん、下肢や体幹の治療を進める際にも適切な回復を促せるようになる。
今回のセミナーでは、足部・足関節機能を評価し、その重要な機能を一つひとつを改善させていききながらそこで起こる身体の変化を体感する。セミナーの8割以上は実技の時間とし、知識と感覚の両方を持ち帰る。
[詳細]
1.足部・足関節機能と下肢・体幹筋出力の関係について
2.脛腓関節の評価と不安定性に対するアプローチ
3.後足部に対する評価とアプローチ(屈筋肢帯・後脛骨筋・腓骨筋リリース方法)
4.距骨後方滑りの改善方法(FHL滑走不全に対するリリース方法)
5.外側縦アーチの評価と機能改善方法─下肢・体幹の筋出力との関係
6.内側縦アーチの評価と機能改善方法─下肢・体幹の筋出力との関係
7.ウインドラス・トラス機構の評価と改善方法、など
講師/菅井謙介(宮の会スタッフ、RIOS北関東チーフ兼事務局長、コンディショニングスタジオK代表、理学療法士ほか)

参加費/一般10,000円、新人(1年目以下)7,000円
定員/20名
予約締切/4月20日(土)
問い合わせ/宮の会
miyanokai@gmail.com
https://ssl.form-mailer.jp/fms/76d99876578355

開催場所(都道府県別):栃木
(掲載日:2019-03-04)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(4)
ゲーム分析(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(135)
ジュニア(2)
ストレッチング(4)
ストレングストレーニング(3)
スポーツ医科学(6)
スポーツ科学(1)
テーピング(25)
トレーニング(33)
トレーニング指導(3)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(4)
ビジョントレーニング(3)
フィットネス(1)
マッサージ(4)
マネジメント(1)
メンタル(3)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(61)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:マニュピレーション(1)
各種セラピー:ヨガ(8)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(3)
各種セラピー:柔道整復(18)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(14)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(13)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:鍼・灸(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(2)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(5)
女性(1)
子ども(2)
救急救命(1)
栄養(9)
機能解剖学(12)
測定と評価(7)
睡眠(2)
神経学(1)
解剖(3)
解剖学(1)
運動指導(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(1)
岩手(1)
宮城(4)
茨城(1)
栃木(5)
群馬(4)
埼玉(5)
千葉(3)
東京(218)
神奈川(19)
新潟(1)
富山(2)
石川(4)
長野(2)
静岡(4)
愛知(51)
三重(3)
京都(14)
大阪(60)
兵庫(8)
島根(1)
岡山(2)
広島(5)
徳島(11)
香川(1)
福岡(35)
佐賀(1)
長崎(2)
熊本(1)
宮崎(1)
沖縄(1)