トップ > セミナー情報 > 詳細

膝のスポーツ外傷を学ぶACL損傷に対する術前術後のリハビリテーション~早期復帰を目指した評価とアプローチ~

期日/2019年10月27日(日)
時間/10:00~16:00
会場/日本印刷会館2F「会議室」(東京都中央区)

内容/狙いはACL損傷の受傷メカニズムを理解し、予防やリハビリテーションに役立てることができるようになる。ACL損傷に関する評価技術やリハビリテーションのエクササイズを実技を通して習得する。
ACLのリハビリテーションを構築していくためには、まず受傷機転を完全に理解しなければならない。この受傷機転を回避することが、エクササイズの基盤となる。また、術前の状態は術後の状態に多大な影響を与える。術前の状態によって術後が決まるといっても過言ではない。
ACL再建術についても、骨孔の開け方やテンションのかけ方など、術後の膝の状態に影響する要素が多数あり、セラピストも理解しておく必要がある。術後では、ROMや筋力、炎症の状況、再建靱帯の状態を把握しつつリハビリテーションを進めていく。そのためのHHDやラックマンテスト、スクワットの正しい方法を習得する。
[プログラム]
午前:
ACLの機能解剖
ACL損傷の受傷機転の理解
ACL損傷の徒手評価(ラックマンテスト・Nテスト)
午後:
臨床的膝タイプの見極め
ACL再建術について
術前リハビリテーションについて
術後リハビリテーションについて
講師/今屋 健(関東労災病院中央リハビリテーション部主任、理学療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(ハーフパンツなどの膝が出る服)
参加費/12,800円
定員/50名
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1561083747-849967

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-06-28)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーナー(4)
アスレティックトレーニング(3)
ウォーキング(1)
ゲーム分析(1)
コミュニケーション(2)
コンディショニング(113)
ジュニア(3)
スクリーニング(1)
ストレッチング(10)
ストレングストレーニング(5)
ストレングス&コンディショニング(2)
スポーツアナリスト(3)
スポーツメディスン(1)
スポーツ医学(7)
スポーツ医科学(11)
チームビルディング(1)
テーピング(34)
トリートメント(1)
トレーナー(1)
トレーニング(35)
パラアスリート(1)
ビジネス(8)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(5)
プログラムデザイン(2)
ボディーワーク(1)
マッサージ(3)
マーケティング(1)
メンタル(1)
ランニング(1)
リハビリテーション(47)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(22)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:柔道整復(8)
各種セラピー:物理療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(12)
各種セラピー:筋膜リリース(16)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ダンス(6)
各種競技:ダンス・バレエ(1)
各種競技:テニス(1)
各種競技:ハンドボール(1)
各種競技:バスケットボール(2)
各種競技:バドミントン(3)
各種競技:ボクシング(1)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(2)
呼吸(3)
女性(4)
就職(1)
救急救命(3)
栄養(5)
栄養 歯科(1)
機能解剖学(7)
歩行(1)
測定と評価(1)
神経生理学(1)
脳科学(2)
解剖(5)
解剖学(2)
運動生理学(2)
運動科学(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(17)
岩手(1)
宮城(6)
山形(1)
栃木(2)
埼玉(5)
千葉(6)
東京(227)
神奈川(11)
新潟(3)
長野(1)
静岡(2)
愛知(50)
京都(1)
大阪(58)
兵庫(4)
広島(6)
徳島(11)
香川(1)
福岡(34)
長崎(1)
鹿児島(4)
全国(6)