トップ > セミナー情報 > 詳細

姿勢と歩行の神経メカニズムとニューロリハビリテーション

期日/2019年12月15日(日)
時間/10:00~16:00
会場/國民會館住友生命ビル=武藤記念ホール12F「大ホール」(大阪市)

内容/狙いはヒトの姿勢バランスおよび歩行の神経メカニズムについて学び、それを活かしたニューロリハビリテーションの実際について学び、実際の現場での意思決定に役立てる。
ヒトが二足で立ち、その姿勢をコントロールしながら歩行へと進化した過程には、貴重な食料を運搬する際に両手を使って物を持ち、二足歩行を使って一度に運ぼうと運搬効率を高めたことが推察されている。これらは他者に対する社会的感情から生み出した人間らしい機能といえる。
この姿勢バランスや歩行には、
1.大脳皮質により駆動される随意的プロセス、
2.大脳辺縁系や視床下部、脳幹への投射による情動的プロセス、
3.脳幹および脊髄における無意識かつ自動的に遂行する自動的プロセス
といった3つがシステムとして関わり、これら複雑な中枢神経系の機能によって円滑にコントロールかつ遂行できる。
本講演では、関連職種にとって基本となるであろう姿勢バランスおよび歩行の神経メカニズム、ならびにそれを考慮したニューロリハビリテーションについて解説する。
[プログラム]
1.姿勢バランスの神経メカニズムとニューロリハビリテーション
 姿勢バランスのための感覚フィードバック
 姿勢バランスのための感覚フィードバックの重み付け
 姿勢バランスのための予測・適応メカニズム
 姿勢バランスに関与する要因とそれに基づく臨床ストラテジー
2.歩行の神経メカニズムとニューロリハビリテーション
 歩行におけるCentral Pattern Generatorモデル
 歩行における立脚期・遊脚期の神経メカニズム
 応用歩行に関わる神経システム
 歩行に関与する要因とそれに基づく臨床ストラテジー
講師/森岡 周(畿央大学健康科学部理学療法学科教授、理学療法士)

参加費/12,800円
定員/50名
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1561094532-224985

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2019-06-28)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーナー(2)
アスレティックトレーニング(2)
ウォーキング(1)
ゲーム分析(1)
コミュニケーション(2)
コンディショニング(106)
ジュニア(3)
スクリーニング(1)
ストレッチング(8)
ストレングストレーニング(6)
ストレングス&コンディショニング(2)
スポーツアナリスト(4)
スポーツメディスン(1)
スポーツ医学(8)
スポーツ医科学(14)
スポーツ科学(1)
チームビルディング(1)
テーピング(43)
トレーナー(1)
トレーニング(32)
パラアスリート(1)
ビジネス(8)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(6)
プログラムデザイン(2)
ボディーワーク(1)
マッサージ(3)
マーケティング(1)
メンタル(2)
リハビリテーション(48)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(24)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:柔道整復(7)
各種セラピー:物理療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(13)
各種セラピー:筋膜リリース(13)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ダンス(8)
各種競技:ダンス・バレエ(1)
各種競技:テニス(1)
各種競技:ハンドボール(1)
各種競技:バスケットボール(3)
各種競技:バドミントン(3)
各種競技:ボクシング(1)
各種競技:マラソン(1)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(2)
呼吸(2)
女性(2)
救急救命(3)
栄養(5)
栄養 歯科(1)
機能解剖学(7)
歩行(1)
測定と評価(1)
脳科学(2)
解剖(1)
解剖学(2)
運動指導(2)
運動生理学(2)
運動科学(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(11)
岩手(1)
宮城(7)
栃木(4)
埼玉(3)
千葉(6)
東京(230)
神奈川(12)
新潟(4)
石川(3)
長野(1)
静岡(2)
愛知(59)
京都(1)
大阪(49)
兵庫(6)
広島(6)
徳島(12)
香川(1)
福岡(36)
長崎(1)
鹿児島(4)
全国(7)