トップ > セミナー情報 > 詳細

運動と腸内細菌叢との関係についての最新論

期日/2017年5月28日(日)
時間/13:00~16:00
会場/中之島プラザ 10Fプレミアムルーム(大阪市)

内容/皆さんは、「細菌」というと何をイメージするか。傷んだものを食べたとときの食中毒? それとも風邪をひく原因? いずれにしろ、からだに悪いイメージがあると思う。しかし、悪いイメージのある細菌だが、人のあらゆる部位に生息していることはあまり知られていない。近年、このからだに生息している細菌たちが世界中で注目を集めている。
現在、世界中の研究機関がヒトのからだに生息する細菌全てを明らかにするためのプロジェクトを立ち上げ、その中でも注目されているのが腸内細菌叢。
腸内細菌叢とは、我々の腸内に生息する多種多様な細菌集団のことを指す。とくに、腸内細菌叢は疾病発症との関係について数多く研究されており、からだの機能に対してさまざまな作用を及ぼすことが報告されている。しかし、腸内細菌叢と運動との関係はほとんどわかっていない。
今回は、腸内細菌叢の基本的な知識と生体機能との関係を話ししながら、運動と腸内細菌叢に関する最新の知見を紹介する。
[学習目標]
運動と腸内細菌叢の基礎的知識を身につける。
運動と腸内細菌叢に関する最新の知見に触れ、臨床での応用について洞察する。
生体機能と腸内細菌叢の関係を生理学的、生化学的な面から理解する
生理学や生化学を通して生体機能の基礎的知見を深める。
講師/内田昌孝(PhD、立命館大学スポーツ健康科学部助教)

参加費/一般6,480円、RPM・学生5,184円、Kinetikos.jp有料会員6,156円
定員/20名
申込締切/5月25日(木)
詳細・申込/http://www.reach4d.jp/edu/ws/index.htm#ws20170528
問い合わせ/株式会社リーチ
TEL:075-707-8877
FAX:075-707-8878
info@reach4d.jp

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2017-05-06)
科学

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(6)
アスレティックリハビリテーション(2)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(102)
ジュニア(3)
ストレッチング(10)
ストレングストレーニング&コンディショニング(1)
スポーツ医科学(19)
スポーツ指導(1)
テーピング(15)
トレーナー(1)
トレーニング(35)
トレーニング指導(4)
バイオメカニクス(2)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
ボディメーク(1)
メンタルトレーニング(2)
ランニング(1)
リハビリテーション(38)
医学(2)
各種セラピー:Jointing(2)
各種セラピー:PNF(6)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(2)
各種セラピー:ピラティス(2)
各種セラピー:マニュピレーション(1)
各種セラピー:ヨガ(5)
各種セラピー:予防運動療法(2)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:手技療法(18)
各種セラピー:柔道整復(22)
各種セラピー:物理療法(7)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(5)
各種セラピー:筋膜リリース(4)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:テニス(1)
各種競技:野球(1)
呼吸(2)
姿勢(1)
栄養(5)
機能解剖学(4)
測定と評価(8)
生理学(1)
科学(1)
解剖(4)
運動指導(3)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
秋田(1)
茨城(3)
栃木(3)
群馬(1)
埼玉(4)
千葉(5)
東京(201)
神奈川(11)
新潟(1)
富山(3)
静岡(3)
愛知(22)
京都(5)
大阪(65)
兵庫(7)
鳥取(1)
岡山(2)
広島(3)
山口(1)
香川(2)
福岡(17)
長崎(2)
熊本(4)
大分(1)
沖縄(1)