トップ > セミナー情報 > 詳細

ニューロメカニクスに基づく脊柱評価法

期日/2017年9月24日(日)
時間/10:00~17:00(9:30受付開始)
会場/専門学校社会医学技術学院(東京都小金井市)

内容/皆さん、脊柱の評価できているか? アライメントや可動性は何のために評価するのか? これらをニューロメカニクスといわれるファインダーを通して見るといろいろなことが見えてくる。
一般的な触診や可動域の測定によるものとは違い、ニューロメカニクスを応用し、筋骨格神経系の機能として関節を評価をする。全体像から局所的なものへとシステマティックなアプローチを学びながら、機能評価だけでなく、触診の技術・スキルの向上も期待できる。
歪んでいる・ずれているなどといった漠然としたものではなく、より具体的に身体に何が起こっているか、施術者が自分で何をやっているのかをしっかりと理解するためのセミナー。
※ニューロメカニクスとは神経科学とバイオメカニクスを統合したもので、筋骨格神経系が相互にどう影響し働いているかなどの人間のパフォーマンスに関する分野。ニューロメカニクスの4つの要素:フィードバック、フィードフォワード、脳の可塑性、課題特殊性
例:「物をつかむ」という単純な動作においても、物をつかむ前の段階でのからだの準備(フィードフォワード)、固有感覚受容器や眼からの刺激による細かな動作の調整(フィードバック)、それらを目的別に行う(課題特殊性)ことで動作の改善・上達、パフォーマンスの向上を臨むことができるとされている(脳の可塑性)。
講師/近江顕一(MS、DC、CCSPほか)

対象/医療系国家資格取得者、アスレティックトレーナー、カイロプラクター
定員/20名
参加費/12,000円、早割10,000円(8月20日まで)
定員/20名
申込締切/9月10日(日)
問い合わせ/Human performance研究会
human.performance.society@gmail.com
https://www.facebook.com/humanperformancesociety

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2017-08-07)
各種セラピー:徒手療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(4)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(2)
コンディショニング(100)
ジュニア(2)
ストレッチング(26)
スポーツ医科学(6)
テーピング(14)
トレーナー(2)
トレーニング(44)
バレエ(1)
ビジネス(2)
フィットネス(2)
マーケティング(1)
ランニング(4)
ランニング (1)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(60)
低体力者(1)
健康(2)
動作評価(1)
各種セラピー:Jointing(4)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(6)
各種セラピー:ピラティス(4)
各種セラピー:ヨガ(4)
各種セラピー:ロルフィング(1)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:整体(1)
各種セラピー:柔道整復(14)
各種セラピー:筋膜アプローチ(10)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種セラピー:組織間リリース(2)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(2)
各種競技:サッカー(1)
各種競技:野球(4)
女性 (2)
栄養(2)
機能解剖学(10)
歩行(1)
測定と評価(9)
(1)
生理学(1)
統計学(1)
解剖(16)
運動指導(4)
(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(2)
岩手(2)
宮城(3)
茨城(1)
栃木(4)
埼玉(5)
千葉(7)
東京(229)
神奈川(7)
新潟(1)
石川(1)
長野(7)
岐阜(1)
静岡(2)
愛知(40)
滋賀(1)
京都(11)
大阪(66)
兵庫(1)
奈良(1)
岡山(1)
広島(6)
山口(2)
香川(3)
高知(2)
福岡(14)
佐賀(1)
長崎(1)
熊本(4)
大分(3)
鹿児島(2)
沖縄(1)