トップ > セミナー情報 > 詳細

姿勢・歩行障害に対する足部からのアプローチ~足部と姿勢・歩行との協調を考える~

期日/2017年10月28日(土)
時間/10:00~16:00
会場/株式会社gene本社「セミナールーム」(愛知県名古屋市)

内容/足部は地面に接する唯一の部位。故に、姿勢や運動に最も影響を及ぼす部位のひとつであることは容易に想像できるかと思う。しかし、実際に55の関節を有する足部を臨床で応用しようとすると何をどうしてよいのかわからないというセラピストも多いかと思う。足部の重要な関節から優先的に理解していくことが重要。また、臨床上最も多く経験する障害、症状に対するアプローチを習得することが大切。
今回は、とくに足部で重要な距腿関節、距骨下関節、ショパール関節、リスフラン関節を理解していく。また、各関節と内在筋や脂肪体などとの関係性、運動を理解しアプローチに応用していく。最終的に、これらのアプローチを姿勢制御や歩行にどう応用していくかを理解できるように進めていく。
[プログラム]
午前:
距腿関節の機能解剖、臨床的意義と解剖&運動学応用アプローチ
距骨下関節の機能解剖、臨床的意義と解剖&運動学応用アプローチ
ショパール関節の機能解剖、臨床的意義と解剖&運動学応用アプローチ
午後:
リスフラン関節の機能解剖、臨床的意義と解剖&運動学応用アプローチ
姿勢制御、歩行における足部の役割
足部から姿勢、運動を変える理学療法戦略
講師/河合眞哉(Body Pioneer株式会社代表取締役、理学療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/10月27日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1503299136-192824

開催場所(都道府県別):愛知
(掲載日:2017-08-24)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(5)
ウォーキング(3)
コミュニケーション(4)
コンディショニング(102)
ジュニア(3)
ストレッチング(28)
ストレングス&コンディショニング(1)
スポーツ医科学(14)
テーピング(14)
トレーナー(2)
トレーニング(53)
バイオメカニクス(1)
パーソナルトレーニング(1)
フィットネス(6)
ボディーメイク (2)
メンタルトレーニング(2)
ランニング(3)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(47)
健康(1)
動作評価(1)
各種セラピー:Jointing(3)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(6)
各種セラピー:トリガーポイント手技療法(1)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:フェルデンクライス・メソッド(1)
各種セラピー:ヨガ(8)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:導診法(1)
各種セラピー:徒手療法(3)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(9)
各種セラピー:筋膜リリース(4)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種セラピー:関節モビライゼーション(1)
各種競技:ゴルフ(2)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(3)
呼吸(1)
女性(1)
女性 (1)
女性 トレーニング指導(1)
栄養(6)
機能解剖学(7)
歩行(1)
測定と評価(5)
球技スポーツ(1)
解剖(14)
運動指導(3)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
宮城(5)
茨城(1)
栃木(6)
群馬(1)
埼玉(7)
千葉(5)
東京(217)
神奈川(7)
新潟(1)
石川(2)
長野(2)
岐阜(2)
静岡(1)
愛知(40)
三重(1)
滋賀(2)
京都(9)
大阪(59)
兵庫(4)
奈良(1)
広島(7)
徳島(1)
高知(1)
福岡(14)
熊本(3)
大分(2)
鹿児島(1)
沖縄(2)