トップ > セミナー情報 > 詳細

NSCAジャパン「女性におけるS&Cの意義」「女性選手の三主徴と栄養管理について」「女性特有の傷害と予防について:基礎知識」

期日/2017年11月5日(日)
時間/10:00~16:40
会場/大阪社会体育専門学校(大阪市)

内容/
「女性におけるS&Cの意義」:アスリートから子ども、一般、中・高生と幅広い層の女性に対して、S&Cの意義を伝える。女性アスリートの活躍が注目される中、依然として女性アスリートにおいてはトレーニングの普及が遅れている現状がある。女性アスリートが健全な競技生活を送るために、また我々の活躍場を広げるためにも女性特有の問題を知り、正しい知識を持って対応できるよう女性の幅広い問題を取り上げる。また、講師、受講者同士で現場での女性ならではの問題などを挙げ、現場で応用や次の講義への理解を深めるための情報を共有する。
講師/岡 千詠子(NSCA-CPT,*D、NSCAジャパン女性S&C委員会委員長)

「女性選手の三主徴と栄養管理について」:現場のS&C指導も実施する管理栄養士が女性選手の三主徴の原因や予防の重要性、貧血などの女性特有の問題について解説する。
講師/右近直子(NSCA-CPT、管理栄養士、NSCAジャパン女性S&C委員会委員)

「女性特有の傷害と予防について:基礎知識」:成熟期以降、性差が大きく現れてくる。元来、男性のスポーツパフォーマンスについて多く取りあげられてきたが、昨今女性アスリートの活躍はとても関心を引いている。そこで女性選手に指導する人に、安全で効果的なS&C指導を行うための基礎知識を伝える。また実技も交え、実戦形式で行う。
講師:鈴木真代(CSCS、NSCA-CPT、NSCAジャパン女性S&C委員会委員)

参加費/一般7,128円、会員5,940円
定員/45名
申込約締切/11月2日(木)
問い合わせ/NPO法人NSCAジャパン
seminar@nsca-japan.or.jp
http://www.nsca-japan.or.jp/05_seminar/nsca_semi.html

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2017-09-14)
女性 トレーニング指導 栄養

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(4)
ウォーキング(3)
コミュニケーション(4)
コンディショニング(101)
ジュニア(3)
ストレッチング(27)
ストレングス&コンディショニング(1)
スポーツ医科学(14)
ダンス(1)
テーピング(14)
トレーナー(2)
トレーニング(49)
バイオメカニクス(1)
パーソナルトレーニング(1)
フィットネス(5)
ボディーメイク (2)
メンタルトレーニング(2)
ランニング(3)
リスクマネジメント(1)
リハビリテーション(46)
健康(1)
動作評価(1)
各種セラピー:Jointing(3)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(6)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:フェルデンクライス・メソッド(1)
各種セラピー:ヨガ(7)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:導診法(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(7)
各種セラピー:筋膜リリース(3)
各種セラピー:運動・徒手療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種セラピー:関節モビライゼーション(1)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(2)
呼吸(2)
女性(1)
女性 (1)
女性 トレーニング指導(1)
救急救命(2)
栄養(5)
機能解剖学(8)
歩行(1)
測定と評価(5)
球技スポーツ(1)
解剖(14)
運動指導(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(3)
宮城(4)
栃木(6)
群馬(1)
埼玉(6)
千葉(6)
東京(218)
神奈川(5)
新潟(1)
石川(2)
長野(2)
岐阜(2)
静岡(1)
愛知(39)
三重(1)
滋賀(2)
京都(5)
大阪(58)
兵庫(4)
広島(6)
徳島(1)
高知(1)
福岡(12)
熊本(3)
大分(2)
鹿児島(1)
沖縄(2)