トップ > セミナー情報 > 詳細

中枢神経疾患に対するコンディショニングの考え方 ~日常生活活動の運動学習に対応したコンディショニングの実際

期日/2018年5月19日(土)
時間/10:00~16:00
会場/gene本社「セミナールーム」(愛知県名古屋市)

内容/健常人同士で治療実習を行うと動きや反応の変化を経験するが、臨床で同じやり方を患者に行ってもうまくいかない場合が少なくない。何故か、それは治療技術が未熟なだけではなく、患者のコンディションをしっかり診ていないためである。患者は最終的には環境に適応した行為ができるように運動学習を行っている。しかし、ただ単にスレッチをし、動作を繰り返せば、運動学習できるのだろうか。より運動学習を促進させるために、運動学習できる身体のコンディションの診方や、身体をコンディショニングする方法などを学ぶ必要がある。
今回は、中枢神経疾患を例に挙げて、運動学習するための身体環境を考え、より効率よく運動療法を展開するヒントを伝える。知識だけではなくデモンストレーションも含めて実際の治療場面をイメージできるように、例を挙げて講義を進めていき、また随時デモンストレーションを行う予定。
[プログラム]
前半:
1.身体のメカニズム
2.リハにおけるコンディショニングの考え方
3.ディ・コンディショニングとは
4.脳卒中患者のディ・コンディショニングの特徴
後半:
5.脳卒中患者の姿勢制御の特徴
6.リハビリテーションにおける運動学習とは
7.脳卒中患者のおける運動学習できる身体とは
8.脳卒中患者におけるコンディショニング
9.適宜デモンストレーション
講師/諸橋 勇(いわてリハビリテーションセンター機能回復療法部部長、理学療法士)

参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/5月18日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-911-2800
FAX:052-911-2803
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1509065990-504219

開催場所(都道府県別):愛知
(掲載日:2017-10-30)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(6)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(117)
コーチング(6)
ジュニア(3)
ストレッチング(9)
ストレングストレーニング(1)
スポーツ医科学(8)
テーピング(25)
トレーナー(5)
トレーニング(34)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
ファーストエイド(1)
フィットネス(1)
マネジメント(1)
マーケティング(1)
メンタル(1)
メンタルトレーニング(3)
ランニング(1)
リハビリテーション(46)
動作(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:マッサージ(1)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:予防運動療法(3)
各種セラピー:徒手療法(3)
各種セラピー:柔道整復(15)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(9)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(1)
各種競技:サーフィン(2)
各種競技:水泳(1)
各種競技:野球(4)
女性(1)
子ども(2)
栄養(4)
機能解剖学(5)
測定と評価(9)
生理学(2)
解剖(2)
解剖学(3)
運動指導(1)
高齢者(3)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(2)
宮城(4)
茨城(2)
栃木(1)
群馬(1)
埼玉(3)
千葉(20)
東京(207)
神奈川(21)
新潟(1)
石川(2)
静岡(4)
愛知(38)
滋賀(6)
京都(18)
大阪(51)
兵庫(5)
広島(2)
福岡(7)
沖縄(2)