トップ > セミナー情報 > 詳細

機能解剖から紐解く足部アプローチ

期日/2017年12月3日(日)
時間/9:00~16:00
会場/東海医療科学専門学校(愛知県名古屋市)

内容/「ヒトが立って歩くとき、どこが初めに接地するか?」当然ほとんどの場合が「踵が…」と返答がある。また、踵=踵骨のイメージがあるため、あたかも踵骨が接地するかのような印象もある。 実際はどうか?「踵骨と床との間には何があるのか。そこはどのような構造なのか。また荷重がかかるとどのように変化し、厚さはどれくらいあるものなのか。そして、踵骨とくるわけだが、では、そもそも踵骨のどこが床と接近するのか。踵骨の形態は………」疑問は尽きない。しかも踵骨の前後左右への傾きが距骨下関節や横足根関節と連動して可動するので、思考の限界を超えてしまう。 しかし、この複雑な形態や機能の理解は、足部に関与する疾患のみならず、荷重位で行動する以上、少なからず関係してくる。また、これらの理解は身体をコントロールするうえで重要な要素にもなる。 今回、距腿関節から足底までの解剖学的な形態・機能の見解やエコー像を見ながら、これらの疑問と向き合い、知識を整理し、臨床への展開に役立つ内容にしたいと考えている。
講師/壇 順司

参加費/10,000円
定員/30名
申込締切/12月1日(金)
問い合わせ/スポーツコンディショニング&リハビリテーション研究会
spocon.rehaken@gmail.com
http://spoconrehabili.web.fc2.com/

開催場所(都道府県別):愛知
(掲載日:2017-11-02)
機能解剖

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
トレーニング指導(1)
アスレティックトレーニング(4)
ウォーキング(1)
カンセリング(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(86)
ジュニア(6)
ストレッチング(17)
スポーツ医学(3)
スポーツ医科学(18)
ダンス(1)
テーピング(4)
トレーナー(1)
トレーニング(50)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(1)
メンタルトレーニング(2)
ランニング(1)
リハビリテーション(51)
動作評価(1)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(2)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:マッサージ(1)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:予防運動療法(4)
各種セラピー:柔道整復(13)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(4)
各種セラピー:運動・徒手療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:サーフィン(2)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(2)
呼吸(2)
女性(1)
女性 (1)
栄養(7)
機能解剖(2)
機能解剖学(3)
測定と評価(7)
自己研鑽(1)
解剖(10)
触察(1)
語学(1)
運動指導(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
青森(2)
岩手(2)
宮城(3)
秋田(1)
山形(1)
栃木(4)
埼玉(4)
千葉(3)
東京(186)
神奈川(12)
新潟(1)
石川(4)
岐阜(2)
静岡(3)
愛知(33)
滋賀(6)
京都(3)
大阪(47)
兵庫(3)
鳥取(1)
岡山(6)
広島(3)
香川(2)
高知(1)
福岡(13)
長崎(1)
熊本(1)
鹿児島(1)
沖縄(1)