トップ > セミナー情報 > 詳細

変形性膝関節症へのPTアプローチ:実技編

期日/2018年5月13日(日)
時間/10:00~16:00
会場/マイドームおおさか8F「第1・第2会議室」(大阪市)

内容/「変形性膝関節症」と診断された膝関節は、決して画一的な病態を表すものではない。関節に生じる変形性変化はあくまで、関節に作用する「力学的環境に適応した生体反応である」という観点で、膝関節診療に当たる必要がある。
たとえば、OA grade Iの症例に生じている膝関節痛と、OA grade IVの症例に生じている膝関節痛とでは、病態も治療方針も異なってくるのは当然。実技編では、変形性膝関節症で発生する症状を的確に分類するための評価技術とともに、病態分類された機能障害に対する具体的な運動療法技術について紹介する。
当たり前のことを当たり前にすることの難しさ、機能解剖学の重要性の再認識と関連組織を捉えきる触診技術の大切さを、再認識する。そして、この実技セミナーをきっかけにして、日々プロとしての技術(評価技術&治療技術)の鍛錬(「鍛」は1000日練習すること、「錬」は10000日練習すること)を意識すれば、その恩恵はすべて患者に還元される。
※本セミナーは5月12日(土)開催の「変形性膝関節症へのPTアプローチ~膝の機能解剖をどのように考えるのか~」の内容をもとに実技を行う。
講師/林 典雄(運動器機能解剖学研究所所長、理学療法士)

服装/実技あり、膝関節周囲を観察しやすい服(ハーフパンツなど)
参加費/15,500円
定員/60名
申込締切/5月12日(木)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-911-2800
FAX:052-911-2803
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1513305498-652921

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2017-12-19)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(5)
コンディショニング(89)
ジュニア(1)
ストレッチング(8)
スポーツ医学(1)
スポーツ医科学(17)
チームサポート(1)
テーピング(12)
トレーナー(1)
トレーニング(44)
ビジネス(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(4)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(46)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(3)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:モビライゼーション(1)
各種セラピー:ヨガ(4)
各種セラピー:予防運動療法(5)
各種セラピー:徒手療法(7)
各種セラピー:整体(1)
各種セラピー:柔道整復(15)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(3)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(4)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(2)
呼吸(1)
栄養(7)
機能解剖学(6)
測定と評価(9)
解剖(13)
解剖学(3)
超音波(2)
運動学(1)
運動指導(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(3)
宮城(1)
栃木(5)
埼玉(2)
千葉(8)
東京(206)
神奈川(12)
新潟(1)
石川(5)
静岡(9)
愛知(28)
京都(1)
大阪(55)
兵庫(5)
鳥取(2)
広島(11)
香川(2)
福岡(12)
大分(2)
鹿児島(2)
沖縄(3)