トップ > セミナー情報 > 詳細

腰椎疾患におけるリアライン・コンセプトの理論と実践~腰痛症に対する評価と治療〜

期日/2018年8月11日(土)
時間/10:00~16:00
会場/マイドームおおさか8F「第1・第2会議室」(大阪市)

内容/腰痛症治療において、リアライン・コンセプトに基づくシンプルな評価によりメカニズムを分析し、効率的に治療を進められるようになるための道筋を理解する。
治療には設計図が必要。私は、すべての関節疾患の治療に応用できる設計図として、「リアライン・コンセプト」を提唱している。第1に他動運動の正常化(リアライン)、第2に正常となった他動運動を維持するための筋機能改善(スタビライズ)、第3にマルアライメント再発を防ぐための動作修正(コーディネート)の順に治療を進める。これに基づき、即時効果を得ながら、各段階の目標を確実にクリアしつつ治療を進めることができ、治療の流れで迷うことがなくなる。本講義では、腰痛症に対して、そのメカニズムを推定するためのシンプルな評価法を学習し、メカニズムを特定したうえで治療を進めるようになることをゴールとする。
[プログラム]
午前:
1.リアライン・コンセプト
2.結果因子、マルアライメント、原因因子の評価
午後:
3.組織間リリース
4.治療デモンストレーション
5.治療実技
講師/蒲田和芳(広島国際大学総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科 教授、株式会社GLAB代表取締役、理学療法士、日体協AT)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/8月10日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1523515977-201982

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2018-04-17)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(3)
アスレティックトレーニング(5)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(7)
コンディショニング(132)
コーチング(3)
ジュニア(2)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(1)
スポーツ医科学(18)
テーピング(18)
トレーナー(9)
トレーニング(31)
バイオメカニクス(1)
ビジネス(2)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(4)
マタニティ(1)
マネジメント(1)
マーケティング(1)
メンタル(1)
メンタルトレーニング(3)
ランニング(2)
リハビリテーション(42)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ピラティス(4)
各種セラピー:マッサージ(2)
各種セラピー:予防運動療法(5)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(12)
各種セラピー:筋膜アプローチ(6)
各種セラピー:筋膜リリース(10)
各種セラピー:運動療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(3)
女性(2)
姿勢(1)
子ども(2)
救急救命(1)
栄養(2)
機能解剖学(5)
測定と評価(7)
生理学(2)
解剖(3)
解剖学(4)
運動指導(1)
高齢者(4)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
宮城(2)
秋田(1)
茨城(4)
栃木(2)
埼玉(3)
千葉(18)
東京(215)
神奈川(16)
新潟(1)
富山(1)
石川(2)
長野(1)
静岡(10)
愛知(42)
滋賀(9)
京都(17)
大阪(43)
兵庫(7)
和歌山(2)
岡山(1)
広島(1)
福岡(11)
沖縄(2)