トップ > セミナー情報 > 詳細

大腿骨頸部骨折・大腿骨転子部骨折の予後予測~歩行開始の見方・考え方と運動療法~

期日/2018年9月30日(日)
時間/10:00~16:00
会場/東京文具共和会館=KYOWA FORUM 4F「BC室」(東京都台東区)

内容/大腿骨頸部骨折・大腿骨転子部骨折では受傷時のレントゲンから、軟部組織の損傷部位を推測することが重要。損傷された軟部組織は、やがて拘縮や筋力低下の要因となり、
運動療法を阻害するきっかけとなる。治療対象となる組織を絞ることができれば、治療成績は向上する。
また、手術では大きく内固定、髄内釘、人工骨頭に分類されるが、それぞれの特徴を理解しておくことが運動療法を実施するうえで重要となる。最終的なゴールは、いずれも歩行機能の獲得。拘縮や筋力低下を速やかに 回復できると、安定した歩行機能を獲得することができる。
[プログラム]
前半(座学):
大腿骨頸部骨折・転子部骨折のレントゲン所見、手術方法、軟部組織の損傷部位などを理解して実践に繋ぐ知識を養う。
後半(実技):
股関節周囲筋の触診   
股関節周囲筋の伸張位獲得操作
股関節周囲筋の筋力強化
歩行機能の獲得
講師/赤羽根良和(さとう整形外科、理学療法士)

対象/本セミナーは整形外科領域に携わる経験年数1~3年目の人の参加を想定している。
上記以外の人でも参加は可能だが、参加者は上記経験年数であることを前提として進行いく。
服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/9月29日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1525746101-525508

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2018-05-11)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(3)
アスレティックトレーニング(5)
ウォーキング(1)
コミュニケーション(7)
コンディショニング(131)
コーチング(4)
ジュニア(2)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(1)
スポーツ医科学(19)
テーピング(18)
トレーナー(5)
トレーニング(31)
バイオメカニクス(1)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(4)
マタニティ(1)
マネジメント(1)
マーケティング(1)
メンタル(1)
メンタルトレーニング(3)
ランニング(2)
リハビリテーション(42)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:ピラティス(4)
各種セラピー:マッサージ(2)
各種セラピー:予防運動療法(5)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(6)
各種セラピー:筋膜リリース(10)
各種セラピー:運動療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(3)
女性(2)
姿勢(1)
子ども(2)
救急救命(1)
栄養(2)
機能解剖学(5)
測定と評価(7)
生理学(2)
解剖(3)
解剖学(4)
運動指導(1)
高齢者(4)

スポンサーリンク

開催地
北海道(5)
宮城(2)
秋田(1)
茨城(4)
栃木(2)
埼玉(3)
千葉(18)
東京(209)
神奈川(16)
新潟(1)
富山(1)
石川(2)
長野(1)
静岡(10)
愛知(41)
滋賀(9)
京都(17)
大阪(40)
兵庫(7)
和歌山(2)
広島(1)
福岡(11)
沖縄(2)