トップ > セミナー情報 > 詳細

機能解剖学からみた投球障害肘の病態解釈とそのアプローチ

期日/2018年10月7日(日)
時間/10:00~16:00
会場/大阪トヨペットビル9F「大ホール」(大阪市)

内容/投球障害肘は、主に内側・外側・後方障害に大別されるが、各部がなぜ障害されるのか? どう対処するべきなのか? について、それぞれの病態を整理するとともに、的確なアプローチ技術の習得を狙う。
投球障害肘に対するリハビリテーションとして、投球フォームの修正や股関節・体幹・肩甲帯等からの運動連鎖を踏まえたアプローチが重要であることは広く述べられている。しかしながら、投球動作に伴う疼痛が肘に存在する以上、そこに何らかの病態が存在するはずであり、ここのアプローチなくして良好な治療成績は望めない。
本セミナーでは、投球障害肘の病態を機能解剖学的な観点から捉えるとともに、触診を踏まえたうえで運動療法について解説する。
[プログラム]
1.投球障害肘の概要
2.内側障害
(1)機能解剖学的病態解釈
(2)内側障害のアプローチに必要な触診(実技)
(3)内側障害に対するアプローチの実際(実技)
3.外側障害(OCD)
(1)個体要因からみたOCDの発生と病態解釈
(2)OCDのアプローチに必要な触診(実技)
(3)OCDに対するアプローチの実際(実技)
4.後方障害(後方impingement)
(1)機能解剖学的病態解釈
(2)後方障害のアプローチに必要な触診(実技)
(3)後方障害に対するアプローチの実際(実技)
講師/福吉正樹(名古屋スポーツクリニックリハビリテーション科、理学療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/10月6日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1527043428-557255

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2018-05-26)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(6)
アスレティックトレーニング(8)
ウォーキング(2)
コミュニケーション(6)
コンディショニング(114)
コーチング(1)
ジュニア(4)
ストレッチング(14)
ストレングストレーニング(1)
スポーツメディスン(1)
スポーツ医科学(13)
スポーツ科学(1)
テーピング(10)
トレーナー(7)
トレーニング(20)
バイオメカニクス(1)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(5)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(2)
マネジメント(2)
メンタルトレーニング(3)
リハビリテーション(34)
各種セラピー:Jointing(1)
各種セラピー:SASマニュアルセラピー(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(7)
各種セラピー:ピラティス(5)
各種セラピー:マッサージ(1)
各種セラピー:ヨガ(2)
各種セラピー:予防運動療法(5)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:筋膜アプローチ(7)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ラグビー(3)
各種競技:野球(2)
女性(2)
子ども(1)
栄養(2)
機能解剖学(3)
測定と評価(5)
生理学(1)
解剖(1)
解剖学(5)
高齢者(3)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(3)
宮城(2)
秋田(1)
山形(1)
栃木(1)
埼玉(4)
千葉(8)
東京(199)
神奈川(17)
新潟(1)
富山(1)
石川(3)
長野(1)
静岡(9)
愛知(38)
滋賀(6)
京都(11)
大阪(60)
兵庫(4)
岡山(4)
広島(2)
徳島(3)
愛媛(6)
福岡(10)
熊本(1)
宮崎(1)
沖縄(3)