トップ > セミナー情報 > 詳細

NSCAジャパン「女性選手のコンディショニング管理について~女性特有の問題や三主徴~」「トレーニング指導現場での活用を考える~スポーツバイオメカニクス手法を用いた評価~」

期日/2018年11月25日(日)
時間/9:30~15:30
会場/長崎国際大学(長崎県佐世保市)

内容/
「女性選手のコンディショニング管理について~女性特有の問題や三主徴~」:運動の指導者が、選手(クライアント)の健康的な将来を奪ってはいけない。この講義では、青少年から成人年代にかかる女性が健全な運動・スポーツ習慣を継続するために、指導者や女性選手自身が知っておくべき女性の性周期、基礎的な生理現象や女性特有の問題を取り扱います。また、女性選手が陥りやすい三主徴の原因や予防の重要性について解説します。また貧血など女性特有の症状に対してどのように栄養管理していくのかを紹介する。
講師/右近直子(NSCA-CPT、認定検定員、管理栄養士、NSCAジャパン女性S&C委員会委員、京都文教短期大学)

「トレーニング指導現場での活用を考える~スポーツバイオメカニクス手法を用いた評価~」:トレーニングにおいて、より高いパフォーマンスの発揮やトレーニング効果を得るためには、主観的評価と客観的評価を一致させることが重要といえる。これをサポートするのが指導者の役割ともいえるだろう。スポーツバイオメカニクスは、「身体運動や動作の仕組みについての理解を深めてその改善に役立てる学問」とされており、さまざまな手法を活用することで、より最適なトレーニングの指導が実現できると考えられる。本講義では、手法を紹介するとともに、受講者の皆様とその活用法を探っていきたいと考えている。
講師/宮本彩(M.S.、健康運動指導士、長崎国際大学人間社会学部国際観光学科助教)

参加費/一般10,800円、会員5,400円
定員/30名
申込締切/11月20日(火)
問い合わせ/NPO法人NSCAジャパン
http://www.nsca-japan.or.jp/05_seminar/nsca_semi.html

開催場所(都道府県別):長崎
(掲載日:2018-09-01)
女性 コンディショニング トレーニング指導

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(9)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(153)
コーチング(3)
ジュニア(6)
ストレッチング(6)
ストレングストレーニング(2)
スポーツ医科学(16)
スポーツ科学(2)
テーピング(43)
トレーナー(2)
トレーニング(38)
トレーニング指導(7)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネススキル(1)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(3)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(4)
マネジメント(1)
マーケティング(3)
メンタルトレーニング(5)
ランニング(2)
リハビリテーション(48)
各種セラピー:オステオパシー(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(2)
各種セラピー:ピラティス(5)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:予防運動療法(3)
各種セラピー:柔道整復(12)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(4)
各種セラピー:筋膜リリース(12)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(1)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(2)
呼吸(1)
女性(3)
栄養(9)
機能解剖学(3)
測定と評価(8)
睡眠(1)
解剖学(3)
運動指導(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(8)
岩手(1)
宮城(5)
福島(1)
栃木(2)
埼玉(4)
千葉(8)
東京(221)
神奈川(19)
新潟(1)
富山(3)
石川(6)
長野(4)
静岡(4)
愛知(40)
滋賀(6)
京都(20)
大阪(56)
兵庫(3)
島根(1)
岡山(2)
広島(5)
徳島(4)
香川(3)
愛媛(2)
福岡(8)
長崎(2)
熊本(1)
大分(2)
宮崎(1)
沖縄(3)