トップ > セミナー情報 > 詳細

腰痛に対する理学療法~各種原因と臨床への繋げ方~

期日/2018年11月25日(日)
時間/10:00~16:00
会場/ララカフェ宇都宮(栃木県宇都宮市)

内容/腰痛には種類がありそれぞれの評価や治療方法を明確にする。自分の腰痛、家族の腰痛、担当の腰痛。腰痛とはなんと身近なことか。その腰痛をしっかり評価して原因に合わせた対処はできているか? 腰痛の要因はさまざまあるが、まだまだ世の中では、
コルセットをつけましょう
湿布を貼りましょう
電気して温めましょう
痛いところをほぐしましょう
痛み止めを飲みましょう
を、どんな腰痛に対しても当てはめてしまっている現状がある(上記が必ずしも悪いわけではない)。
腰痛は、その約8割が非特異的腰痛であり、実際に診断されるものは2割程度であるといわれている。腰痛治療には民間治療も含めさまざまな方法が散見されるが、それらの方法から、患者の症状に合った方法を選択するための根拠を明確にしているものがどれだけあるか。
私たちはどのようなタイプの腰痛に、どのような治療方法が適しているのかを考えるために、まずは理学所見を中心とした評価からできるだけ腰痛を鑑別することが必要であると考える。本セミナーでは、鑑別のために必要な評価方法と、それぞれの腰痛に対して実際の治療方法まで提示する。
[詳細]
1.腰痛の捉え方から病態を鑑別するための評価方法
2.各種疼痛に対する評価と治療方法
 1)腰部痛
  椎間関節性腰痛
  筋・筋膜性疼痛
  椎間板性腰痛
 2)腰殿部痛
  仙腸関節性疼痛
  皮神経由来の疼痛
  梨状筋症候群
3.股関節と腰痛との関係
講師/中宿伸哉 (吉田整形外科病院リハビリテーション科科長)

参加費/一般10,000円、新人(1年目)7,000円、学生(資格未取得者)5,000円
定員/40名
申込締切/11月24日(土)
問い合わせ/宮の会
miyanokai@gmail.com
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e0ee9cb5588565

開催場所(都道府県別):栃木
(掲載日:2018-09-20)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(12)
ウエルネス(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(120)
コーチング(2)
ジュニア(13)
ストレッチング(13)
ストレングストレーニング(2)
スポーツ医科学(8)
スポーツ指導(1)
テーピング(38)
トレーナー(3)
トレーニング(40)
トレーニング指導(6)
トレーニング科学(1)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(2)
ビジネス(4)
ビジネススキル(2)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(5)
マーケティング(1)
メンタルトレーニング(3)
ユース(1)
ランニング(1)
リハビリテーション(48)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:予防運動療法(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(8)
各種セラピー:筋膜アプローチ(5)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ (2)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:野球(9)
呼吸(1)
女性(3)
安全管理(1)
栄養(7)
機能解剖学(3)
測定と評価(10)
睡眠(1)
神経科学(1)
解剖学(4)
運動指導(4)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(6)
岩手(1)
宮城(4)
栃木(3)
埼玉(5)
千葉(8)
東京(211)
神奈川(18)
富山(4)
石川(2)
長野(6)
静岡(1)
愛知(45)
滋賀(6)
京都(12)
大阪(59)
兵庫(2)
島根(1)
岡山(1)
広島(5)
徳島(2)
香川(3)
福岡(16)
長崎(2)
熊本(1)
大分(1)
宮崎(1)
鹿児島(2)
沖縄(4)