トップ > セミナー情報 > 詳細

東欧スポーツトレーニング学概論

期日/2018年11月10日(土)
時間/13:30~18:30
会場/詳細は申込者に連絡(東京都中央区)

内容/トレーニングの原則やピリオダイゼーション理論などの一般トレーニング論、プライオメトリックトレーニングやコオーディネーショントレーニングなどのフィジカルトレーニングメソッド、スポーツ運動学やキネマティックスなどの身体運動諸科学など、皆が最先端トレーニング科学として学んだり、最新メソッドとして実践していることの多くは半世紀以上前に旧東欧圏、主にソ連や東独で構築され実践されたもの。
これらの国々では国際競技大会(主にオリンピック)での勝利を目的にスポーツを科学の対象として捉え研究を行った。その結果、ソ連や東独のスポーツ科学研究と実践はアメリカなどの西側諸国のそれらをはるかに凌駕し、数十年も先進的だった。このようにソ連や東独は,スポーツ科学の成立と発展に多大な功績を果たしましたが、残念なことに現在のスポーツ科学やスポーツ活動に影響を及ぼしていることはほとんど知られていない。
指導者、トレーニングコーチやトレーナーなど競技スポーツに関わる者として競技スポーツトレーニング科学の原点である東欧のとくにソ連と東独のスポーツトレーニング学に学ぶことは大きな意義がある。
[テーマ]
トレーニング科学発展の歴史
スポーツ科学と哲学~弁証法的唯物史観
東欧 VS 米国
ドイツトレーニング学
講師/小俣よしのぶ(いわきスポーツクラブ育成アドバイザー、石原塾アドバイザー)

参加費/16,000円、早割14,000円(10/15まで申込・入金)  
※11月11日開催「成長期の運動スポーツ指導と育成論」へも参加の場合は、両日で30,000円、早割26,000円(10/15まで申込・入金)
定員/20名
申込方法/件名に「小俣よしのぶ セミナー参加希望」、本文に「名前(ふりがな)、職業、メールアドレス、参加希望日(両日、10日のみ、11日のみ)、領収書の宛名(必要な人のみ)」を明記して下記アドレスに大上達也宛メールで申し込む。
申込締切/11月7日(水)
問い合わせ/大上達也
big_up23@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/events/1869257543171279/

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2018-10-04)
トレーニング科学

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(11)
ウエルネス(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(109)
コーチング(2)
ジュニア(13)
ストレッチング(12)
ストレングストレーニング(2)
スポーツ医科学(8)
スポーツ指導(1)
テーピング(37)
トレーナー(3)
トレーニング(35)
トレーニング指導(5)
トレーニング科学(1)
パラアスリート(1)
パーソナルトレーニング(2)
ビジネス(4)
ビジネススキル(2)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(2)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(4)
マーケティング(1)
メンタルトレーニング(3)
ユース(1)
ランニング(1)
リハビリテーション(42)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:予防運動療法(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(7)
各種セラピー:筋膜アプローチ(5)
各種セラピー:筋膜リリース(11)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ (1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:野球(9)
呼吸(1)
女性(3)
安全管理(1)
栄養(6)
機能解剖学(3)
測定と評価(10)
睡眠(1)
神経科学(1)
解剖学(4)
運動指導(4)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(6)
岩手(1)
宮城(4)
栃木(3)
埼玉(5)
千葉(8)
東京(190)
神奈川(16)
富山(4)
石川(2)
長野(6)
愛知(43)
滋賀(6)
京都(11)
大阪(53)
兵庫(1)
島根(1)
岡山(1)
広島(5)
徳島(2)
香川(2)
福岡(15)
長崎(1)
熊本(1)
大分(1)
鹿児島(2)
沖縄(4)