トップ > セミナー情報 > 詳細

圧迫骨折の病態の理解とそのアプローチ

期日/2019年5月18日(土)
時間/10:00~16:00
会場/日本印刷会館2F「会議室」(東京都中央区)

内容/狙いは骨粗鬆症を正しく理解し、圧迫骨折に対して理学所見・評価から、予後を見据えた治療計画や適切な理学療法が考えられるようになる。
骨粗鬆症性圧迫骨折は高齢者に多い骨折のひとつである。まずはセラピストが知っておかなければならない骨粗鬆症について理解し、圧迫骨折の基礎の基礎について説明する。そのうえで圧迫骨折の分類や発症機序、さらに外固定後からの運動療法まで解説する。また、ADL指導も重要なため、ベッドサイドでの起居動作のコツも伝える。実技では、圧迫骨折の骨癒合後から行うべきストレッチングを実施する。
[プログラム]
午前(座学):
骨粗鬆症に関する基礎知識
骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の病態理解
骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対するADL指導の考え方
骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対する運動療法
午後(実技):
骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対する治療戦略
触診、ストレッチング、運動療法を中心に
講師/赤羽根良和(さとう整形外科、理学療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ハーフパンツなど)
参加費/12,500円
定員/60名
申込締切/5月17日(金)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1542444406-855855

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2018-12-06)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(7)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(116)
コーチング(1)
ジュニア(6)
ストレッチング(4)
ストレングストレーニング(4)
スポーツ医科学(9)
テーピング(23)
トレーニング(34)
トレーニング指導(4)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(4)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(1)
プログラムデザイン(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(4)
メンタル(2)
ランニング(1)
リハビリテーション(48)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:手技療法(1)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(5)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(12)
各種セラピー:運動療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(5)
女性(1)
子ども(3)
栄養(3)
機能解剖学(6)
測定と評価(6)
神経学(1)
解剖(4)
解剖学(2)
運動学(1)
運動指導(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(2)
宮城(4)
栃木(5)
群馬(2)
埼玉(9)
千葉(6)
東京(194)
神奈川(11)
新潟(2)
石川(3)
長野(2)
静岡(2)
愛知(49)
三重(3)
滋賀(1)
京都(9)
大阪(54)
兵庫(8)
岡山(2)
広島(3)
徳島(5)
香川(1)
福岡(31)
佐賀(1)
長崎(1)
熊本(2)
大分(1)
宮崎(1)
沖縄(5)