トップ > セミナー情報 > 詳細

標準徒手療法セミナー(痛みと戦うセラピストへ)

期日/2019年4月7日(日)
時間/10:00~17:00
会場/八王子学園都市センター「第1セミナー室」(東京都八王子市)

内容/痛みや可動域を改善する必須知識と技術を学ぶ6時間。
[詳細]
運動器疾患を評価治療するために必要な世界標準の「徒手療法10の原則」
1.機能診断の手順(問診:聞くポイント、視診:見るポイント、自動他動運動、触診のポイントは)
2.可動域制限組織の見つけ方(エンドフィール、綱引き減少とは)
3.他動的関節内運動とは(モビライゼーションに使用する運動とは)
4.ジョイントプレイの診方(モビライゼーションかスタビライゼーションか)
5.短縮性障害と伸張性障害(軟部組織は伸ばすと痛むか、縮むと痛むか)
6.構造的短縮と反射的短縮(改善までの期間と治療手技をどう決めるか)
7.疼痛原因部位の見つけ方(軟部組織か関節組織か)
8.治療のグレード(どのくらいの力で治療すべきか)
9.治療判定フラグ(正しい刺激と悪い刺激を判断する)
10.軟部組織、関節手技、特殊手技(なぜ痛みが軽減できるのか)
実技:頸部、肘手関節障害
1.頸部・肘関節の骨指標部位触診(この場所は触れるように10部位)
2.頸部・肘関節の軟部組織触診(障害の起きやすい10の筋肉)
3.頸部痛と可動域障害の対処手技(トラクション、コンプレッション、フリクション、モビライゼーション)
4.肘手関節疼痛と可動域障害の対処手技(トラクション、コンプレッション、フリクション、モビライゼーション)
講師/安藤正志(法政大学教授)

対象/運動器疾患に携わるセラピスト、痛みの対処法に困っているセラピスト、徒手療法をこれから始めたいセラピスト、断片的な講習会を受けてきたが系統立てた評価と治療を学びたいセラピスト
参加費/5,000円
定員/30名
申込締切/定員になり次第
問い合わせ/三学会合同徒手療法セミナー事務局
pt_mtspecialist@yahoo.co.jp
http://rigakusp.ws.hosei.ac.jp/index.html

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-01-21)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(7)
ゲーム分析(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(126)
コーチング(2)
ジュニア(6)
ストレッチング(8)
ストレングストレーニング(2)
スポーツ医科学(12)
テーピング(15)
トレーナー(1)
トレーニング(38)
トレーニング指導(4)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(5)
ビジョントレーニング(2)
プログラムデザイン(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(5)
メンタル(2)
リハビリテーション(54)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(2)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:徒手療法(4)
各種セラピー:手技療法(1)
各種セラピー:柔道整復(14)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(7)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(10)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:バスケットボール(1)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(5)
女性(1)
子ども(3)
栄養(2)
機能解剖学(5)
測定と評価(7)
神経学(1)
脳科学(1)
解剖(4)
解剖学(2)
運動学(1)
運動指導(1)
運動指導者(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(2)
宮城(4)
栃木(5)
群馬(2)
埼玉(9)
千葉(6)
東京(180)
神奈川(11)
新潟(2)
石川(3)
長野(2)
静岡(2)
愛知(51)
三重(3)
滋賀(1)
京都(9)
大阪(55)
兵庫(9)
岡山(2)
広島(4)
徳島(5)
香川(1)
福岡(26)
長崎(1)
熊本(2)
大分(1)
沖縄(6)
全国(1)