トップ > セミナー情報 > 詳細

運動と感覚の統合:歩行

期日/2019年4月6日(土)
時間/9:30~16:30
会場/池上会館(東京都大田区)

内容/移動(ロコモーション)は生物が発育発達過程の後期に獲得する原始動作だが、人間の直立二足歩行は数多くの移動戦略の中でもとくに神経的制御が難しく、繊細な神経系の働きが要求される。神経系は常に環境に順応するため、ケガや生活習慣により運動から遠ざかってしまうと神経系は衰えて多くの機能低下がみられるが、機能低下の初段階では歩行に問題が発生する。
正しく歩行を評価して介入することは、機能低下の第一段階で問題を処理できることに繋がり、健康維持・増進を生業とする運動指導者にとって便利な道具となる。また医療従事者にとっても、痛みのない適切な歩行を獲得することが治療の目標となることが多く、歩行機能を回帰することで、散歩に代表されるセルフメディケーションのスタートラインに立つことができる。
今回の講義では歩行機能を構造的&神経的に学び、評価と介入方法を習得する。医療、フィットネス、スポーツに関わる人々全てに活用できる内容。感覚(1)(2)(3)、脳と脳神経、呼吸、骨盤、胸郭、上肢、下肢を受講済みの人はより理解しやすい内容となっている
[詳細]
バランスと歩行機能の発達
歩行の機能解剖学
各部位が歩行機能に与える影響と機能不全のパターン
 足部と足首、膝、股関節、骨盤・体幹部
3面上の歩行機能異常
 矢状面、前額面、水平面
歩行のバイオメカニクス
歩行の神経システム
歩行の開始 & 遂行
空間認知と歩行機能
前庭と歩行機能
歩行機能不全に伴う代償運動
パラドックス歩行
歩行の評価
歩行機能異常の神経的リセット法
歩行機能の改善法・訓練法
講師/近藤拓人

対象/トレーナー、理学療法士、作業療法士、ボディーワーカー、インストラクター、学生、その他運動指導に関わる全ての人
参加費/21,600円
定員/50名
申込締切/4月4日(木)
問い合わせ/近藤拓人
info.mail.thk@gmail.com
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f0557c12605053

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-01-22)
スポーツ医科学

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(7)
ゲーム分析(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(126)
コーチング(2)
ジュニア(6)
ストレッチング(8)
ストレングストレーニング(2)
スポーツ医科学(12)
テーピング(15)
トレーナー(1)
トレーニング(38)
トレーニング指導(4)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(5)
ビジョントレーニング(2)
プログラムデザイン(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(5)
メンタル(2)
リハビリテーション(54)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(2)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:徒手療法(4)
各種セラピー:手技療法(1)
各種セラピー:柔道整復(14)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(7)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(10)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:バスケットボール(1)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(5)
女性(1)
子ども(3)
栄養(2)
機能解剖学(5)
測定と評価(7)
神経学(1)
脳科学(1)
解剖(4)
解剖学(2)
運動学(1)
運動指導(1)
運動指導者(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(2)
宮城(4)
栃木(5)
群馬(2)
埼玉(9)
千葉(6)
東京(180)
神奈川(11)
新潟(2)
石川(3)
長野(2)
静岡(2)
愛知(51)
三重(3)
滋賀(1)
京都(9)
大阪(55)
兵庫(9)
岡山(2)
広島(4)
徳島(5)
香川(1)
福岡(26)
長崎(1)
熊本(2)
大分(1)
沖縄(6)
全国(1)