トップ > セミナー情報 > 詳細

痛みの脳内機構とニューロリハビリテーション

期日/2019年6月2日(日)
時間/10:00~16:00
会場/全国家電会館5F「講堂」(東京都文京区)

内容/患肢の不使用が長引くと、感覚入力や運動出力が減少し、それに伴い対応する脳内の体部位再現領域が狭小化する。この狭小化の程度と痛みの強さは相関する。このように、慢性痛と脳の機能不全には関連がみられ、それに対するニューロリハビリテーションが積極的に開発されている。
痛みが慢性化すると末梢の原因よりも、脳の機能不全の様相が強くなる。これが痛みの認知的あるいは情動的側面である。たとえば後頭頂葉が機能不全をきたすと、身体イメージ低下といったneglect-like syndromeを引き起こす。一方、島皮質、前帯状回、内側前頭前野は疼痛の情動的側面に関与する。現に、社会的痛み(心の痛み)を感じた場合にも活性化する。とくに疼痛の主観的強度とこれら活動は強い相関を示す。こうした領域が過活動を起こすと、それを制御する背外側前頭前野の機能不全に繋がり、それに伴いうつなどの精神症状を引き起こし、それにより慢性化が継続するといった悪循環が考察されている。このように疼痛の認知的あるいは情動的側面は、慢性的な脳の機能不全として捉えられる。
したがって、これら脳機能を再組織化させていくニューロリハビリテーションが必要であることは言うまでもない。
本講演では痛みおよび鎮痛の脳内機構を解説し、神経科学に基づいた痛みのニューロリハビリテーションの具体例を示していく。
講師/森岡 周(畿央大学健康科学部理学療法学科教授、理学療法士)

参加費/12,500円
定員/100名
申込締切/6月2日(日)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1549082558-825789

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-02-05)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(7)
ゲーム分析(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(126)
コーチング(2)
ジュニア(6)
ストレッチング(8)
ストレングストレーニング(2)
スポーツ医科学(12)
テーピング(15)
トレーナー(1)
トレーニング(38)
トレーニング指導(4)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(5)
ビジョントレーニング(2)
プログラムデザイン(1)
ボディワーク(1)
マッサージ(5)
メンタル(2)
リハビリテーション(54)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(2)
各種セラピー:ヨガ(3)
各種セラピー:徒手療法(4)
各種セラピー:手技療法(1)
各種セラピー:柔道整復(14)
各種セラピー:理学療法(2)
各種セラピー:筋膜アプローチ(7)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(10)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:バスケットボール(1)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(5)
女性(1)
子ども(3)
栄養(2)
機能解剖学(5)
測定と評価(7)
神経学(1)
脳科学(1)
解剖(4)
解剖学(2)
運動学(1)
運動指導(1)
運動指導者(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(4)
岩手(2)
宮城(4)
栃木(5)
群馬(2)
埼玉(9)
千葉(6)
東京(180)
神奈川(11)
新潟(2)
石川(3)
長野(2)
静岡(2)
愛知(51)
三重(3)
滋賀(1)
京都(9)
大阪(55)
兵庫(9)
岡山(2)
広島(4)
徳島(5)
香川(1)
福岡(26)
長崎(1)
熊本(2)
大分(1)
沖縄(6)
全国(1)