トップ > セミナー情報 > 詳細

歩行障害に対する理学療法~バイオメカニクスからみた歩行分析とアプローチ~

期日/2019年8月12日(月)
時間/10:00~16:00
会場/國民會館住友生命ビル12F武藤記念ホール「大ホール」(大阪市)

内容/狙いは歩行を可能にするメカニズムを分析・理解し、そのメカニズムの異常に対する理学療法アプローチ方法を学ぶ。
直立二足自律歩行を可能にするメカニズムを理解すれば、臨床動作分析で「何を見て、何に対してアプローチをすべきか?」ということが理解できる。動作分析はフォームの記述ではない。また、歩容を改善することが理学療法のアプローチでもない。動作を可能にするメカニズムを分析し、そのメカニズムの異常に対してアプローチすることが大切である。
本講習会では歩行を可能にするメカニズムと、理学療法アプローチ方法について解説する。
[プログラム]
変形性膝関節症の歩行特性
変形性股関節症の歩行特性
運動器疾患の歩行能力改善に必要なバイオメカニクス
講師/石井慎一郎(国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科福祉支援工学分野教授、理学療法士)

参加費/12,500円
定員/100名
申込締切/8月12日(月)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1549943147-143532

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2019-02-15)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(2)
アスレティックトレーニング(4)
ゲーム分析(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(135)
ジュニア(2)
ストレッチング(4)
ストレングストレーニング(3)
スポーツ医科学(6)
スポーツ科学(1)
テーピング(25)
トレーニング(33)
トレーニング指導(3)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(4)
ビジョントレーニング(3)
フィットネス(1)
マッサージ(4)
マネジメント(1)
メンタル(3)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(61)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:マニュピレーション(1)
各種セラピー:ヨガ(8)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(3)
各種セラピー:柔道整復(18)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(14)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(13)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:鍼・灸(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(2)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(5)
女性(1)
子ども(2)
救急救命(1)
栄養(9)
機能解剖学(12)
測定と評価(7)
睡眠(2)
神経学(1)
解剖(3)
解剖学(1)
運動指導(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(1)
岩手(1)
宮城(4)
茨城(1)
栃木(5)
群馬(4)
埼玉(5)
千葉(3)
東京(218)
神奈川(19)
新潟(1)
富山(2)
石川(4)
長野(2)
静岡(4)
愛知(51)
三重(3)
京都(14)
大阪(60)
兵庫(8)
島根(1)
岡山(2)
広島(5)
徳島(11)
香川(1)
福岡(35)
佐賀(1)
長崎(2)
熊本(1)
宮崎(1)
沖縄(1)