トップ > セミナー情報 > 詳細

精神疾患を持つ方への運動療法の実践に繋げるアプローチ~「関わり方」から始まるリハビリテーションの進め方~

期日/2019年7月14日(日)
時間/10:00~16:00
会場/科学技術館事務棟6F「第3会議室」(東京都千代田区)

内容/狙いは精神疾患や精神疾患を持つ人についてどのように関わり、どのようにリハビリテーションを行っていくかを知ることを最初の目的とする。
何故ならどんなに優れた治療手段を持っていても、患者に治療介入を拒否されてはそれは役に立たない。
精神疾患は5大疾病に制定され、認知症は地域包括ケアの中でケアすべき主たる疾患となっている。日本では精神疾患を持つ人は身体疾患の治療、あるいはリハビリテーションを、持っていない人と同様に受けることができていなかった流れがあるが、それは徐々に解消の方向へ向けて動き始めている。
私たちリハビリテーションに関わる職種としても、精神疾患があっても、しっかりとしたリハビリテーション医療を患者・利用者に届けることが、選ばれる医療従事者になるひとつのポイントとなる。本セミナーでは、その気づきや方法の一例について紹介し、どんな効果を臨床現場で出すことができるかについて講義する。若手の理学療法士や今現在、精神疾患を持っている人に対応している人々を受講対象とする。
[プログラム]
精神疾患の概略
精神症状をどう捉えるか
精神症状のある人々にどう向き合うか
「運動を行いたい。でも、拒否をされた」そのようなときにどうするか?
精神疾患を持つ人への運動療法
運動療法の効果1:運動機能への影響
運動療法の効果2:精神症状への影響
運動療法の効果3:転倒予防
グループワーク:運動療法を提供するための準備
※本セミナーについて:
参加者の要望を弊社より講師へ伝え、可能な限り講義内容へ反映していく予定。「所属病棟」「講義内容に関する要望」を申込フォームの「質問欄」へ入力する。
グループワーク(1グループ5~6名)を含むので予め了承のこと。
講師/上薗紗映(医療法人社団光生会平川病院リハビリテーション科科長、理学療法士)

参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/7月14日(日)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1550300498-194162

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-02-28)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(3)
コンディショニング(121)
ジュニア(1)
ストレッチング(4)
ストレングストレーニング(1)
スポーツ医科学(6)
スポーツ科学(1)
テーピング(24)
トレーニング(31)
トレーニング指導(1)
パーソナルトレーナ―(1)
ビジネス(4)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(1)
マッサージ(3)
マネジメント(1)
メンタル(3)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(58)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(4)
各種セラピー:マニュピレーション(1)
各種セラピー:ヨガ(8)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(13)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(13)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:鍼・灸(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:サッカー(2)
各種競技:フィギュアスケート(1)
各種競技:野球(2)
子ども(1)
救急救命(1)
栄養(8)
機能解剖学(12)
測定と評価(6)
睡眠(2)
神経学(1)
解剖(2)
運動指導(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(1)
岩手(1)
宮城(3)
茨城(1)
栃木(5)
群馬(4)
埼玉(5)
千葉(3)
東京(188)
神奈川(19)
富山(2)
石川(4)
長野(2)
静岡(4)
愛知(50)
三重(3)
京都(11)
大阪(56)
兵庫(7)
島根(1)
岡山(2)
広島(5)
徳島(11)
香川(1)
福岡(29)
佐賀(1)
長崎(2)
熊本(1)
宮崎(1)
沖縄(1)