トップ > セミナー情報 > 詳細

肩関節拘縮の見方と運動療法

期日/2019年7月27日(土)
時間/10:00~16:00
会場/日本印刷会館2F「会議室」(東京都中央区)

内容/肩関節の治療はセラピストにとって難渋しやすい関節のひとつ。そのため、思うように肩関節の痛みや可動域制限を改善できないセラピストは多い。これまでの肩関節の治療成績よりもよい結果が出せることを目標とする。
肩関節拘縮が運動時痛と可動域制限といった機能障害を引き起こす根拠を解剖学と機能解剖学的観点から理解する。そのうえでスキルの高い評価を行うと、拘縮の原因が明らかとなる。その結果、適切な運動療法を行うことが可能となる。
運動療法では、リラクセーション、ストレッチング、癒着剥離操作などのテクニックを習得する。決して強い力は必要ない。肩甲窩と上腕骨頭の三次元的な位置関係をイメージすることは少々難しい面があるが、これが理解できれば治療成績は飛躍的によくなる。若手を対象にセミナー。
[プログラム]
午前:
座学では、多くの情報を書き込む。
午後:
実技では肩関節を露出しやすい服装での参加、主要な解剖学的部位にトレースをする。
講師/赤羽根良和(さとう整形外科、理学療法士)

服装/実技あり肩関節を露出しやすく、動きやすい服(Tシャツ、タンクトップ、ジャージなど)
参加費/12,500円
定員/50名
申込締切/7月27日(土)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1552897837-229373

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-04-01)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S&C(1)
アスレティックトレーニング(3)
エクササイズ(1)
コンディショニング(117)
コーチング(1)
シニア(1)
ジュニア(1)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(7)
スポーツ医学(1)
スポーツ医科学(15)
スポーツ科学(3)
テーピング(20)
トレーニング(49)
バイオメカニクス(2)
パーソナルトレーニング(1)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(1)
マッサージ(2)
マーケティング(1)
メンタル(1)
メンタルトレーニング(1)
ランニング(2)
リクルート(1)
リハビリテーション(52)
健康(1)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:マニュピレーション(2)
各種セラピー:ヨガ(8)
各種セラピー:体外衝撃波治療(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(16)
各種セラピー:筋膜アプローチ(23)
各種セラピー:筋膜マニュピレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(8)
各種セラピー:運動療法(1)
各種競技:サッカー(1)
各種競技:ダンス(1)
各種競技:野球(2)
呼吸(2)
女性(3)
栄養(4)
機能解剖(1)
機能解剖学(11)
測定と評価(7)
神経学(1)
解剖(1)
運動指導(2)
運動科学(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(3)
岩手(1)
宮城(4)
秋田(1)
茨城(1)
栃木(4)
群馬(4)
埼玉(6)
千葉(6)
東京(205)
神奈川(11)
新潟(1)
富山(2)
石川(2)
長野(1)
静岡(2)
愛知(50)
京都(6)
大阪(58)
兵庫(8)
島根(1)
岡山(1)
広島(7)
徳島(10)
香川(1)
福岡(32)
佐賀(1)
長崎(1)
熊本(1)
沖縄(5)