トップ > セミナー情報 > 詳細

慢性腰痛の機能解剖学的診方・考え方:実技編

期日/2019年9月29日(日)
時間/10:00~16:00
会場/大阪トヨペットビル9F「大ホール」(大阪市)

内容/腰痛は「症状」であって「病気」ではない。腰部周辺に疼痛を発生させる症候群であり、その病態を十分に吟味し分類する作業が必要。これら病態分類がどの程度できるかが、そのまま理学療法としての結果に直結する。
実技編では、慢性腰痛症例において発生する症状を、的確に分類するための評価技術とともに、病態分類された機能障害に対する具体的な運動療法技術について紹介する。とくに腰痛症例では、実際に表出されている症状の原因が1つではなく、いくつかの要因が重なり合って「その症例の疼痛」を形成している場合が少なくない。その場合には、薄皮を一つひとつ取り除くことで本質が見えてくることがある。腰痛診療に近道はない。症状を理解するための知識と、分類するための技術、そして症状を寛解させるための技術(指導を含む)を並行して高めることが必要。その努力はすべて患者に還元されるはず。
本セミナーについて:
2019年9月28日(土)開催の「慢性腰痛の機能解剖学的診方・考え方~病態の解釈と運動療法のマッチング」の内容をもとに実技を行うので、必ず受講のこと。
これまでに弊社が開催した同タイトルのセミナーの受講者も参加できるが可能であれば、前日のセミナーへの参加を推奨する。
講師/林 典雄(運動器機能解剖学研究所所長、理学療法士)

参加費/15,500円
定員/50名
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
http://www.gene-llc.jp/

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2019-04-29)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(3)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(85)
コーチング(1)
ジュニア(3)
ストレッチング(12)
ストレングストレーニング(6)
ストレングス&コンディショニング(3)
スポーツメディスン(1)
スポーツ医学(7)
スポーツ医科学(13)
スポーツ科学(1)
テーピング(35)
トレーナー(2)
トレーニング(38)
トレーニング指導(1)
パーソナルトレーナー(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(2)
マッサージ(2)
マーケティング(1)
メンタル(1)
メンタルコンサルタント(1)
ライフスタイル(1)
リハビリテーション(50)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(27)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(20)
各種セラピー:筋膜リリース(8)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ダンス(1)
各種競技:マラソン(1)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(5)
呼吸(1)
女性(5)
栄養(5)
機能解剖学(6)
歩行(1)
測定と評価(5)
睡眠(1)
脳科学(2)
解剖(1)
解剖学(1)
運動指導(3)
運動科学(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(12)
宮城(5)
秋田(1)
栃木(1)
群馬(3)
埼玉(6)
千葉(4)
東京(203)
神奈川(14)
新潟(5)
富山(2)
石川(6)
静岡(2)
愛知(54)
京都(5)
大阪(52)
兵庫(4)
岡山(1)
広島(12)
徳島(10)
香川(1)
福岡(33)
長崎(1)
沖縄(7)
全国(10)