トップ > セミナー情報 > 詳細

トリガーマップ疼痛治療セミナー:概論コース

期日/2019年07月13日(土)
時間/10:00~17:00
会場/法政大学スポーツ健康学部(東京都町田市)

内容/疼痛治療と戦うセラピストのためのセミナー。
[プログラム]
トリガーマップ疼痛治療(TMPT ; Trigger Map Pain Treatment)とは
運動器疾患に伴う疼痛や可動域制限の評価と治療システム。ターゲットを探し出して、最も反応のある刺激をみつけ閾値を上げていく。手順を修得すれば簡単で驚くほどの速効的効果を実感できる。
トリガーマップ疼痛治療の適応
運動器疾患の疼痛は、筋や筋膜など軟部組織性の疼痛と、関節包や関節包靭帯など関節周囲性の疼痛、その他に分類できる。セラピストが活躍する臨床では、そのほとんどが軟部組織性の疼痛。トリガーマップ疼痛治療は、軟部組織性疼痛に対する効果的な評価と治療システム。
トリガーマップ疼痛治療の手順
1.ベースラインの決定:自動運動や他動運動で治療前にベースラインを確認する。
2.原因組織のサーチング:三種類の触診検査で原因組織を特定する。
3.試験的治療:外部刺激により疼痛閾値や筋の硬さを変えられるかを試します。同時に刺激の安全性を判定フラグで確認する。
4.本格的治療:最も反応した刺激をトリガーポイント領域に加えていく。
5.効果判定:ベースラインを再確認し治療効果を判定する。
講師/安藤正志(法政大学教授)

参加費/5,000円
定員/30名
申込方法/件名に「トリガーマップ疼痛治療セミナー(7/13)参加希望」、本文に「氏名、メールアドレス、連絡先電話番号」を明記して下記アドレスにメールで申し込む。
申込締切/定員になり次第
問い合わせ/トリガーマップ疼痛研究会(共催:標準徒手医学会)
FAX:042-783-2036
hosei353@gmail
https://www.youtube.com/watch?v=jb6jpADWLQk

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2019-05-14)
スポーツ医科学

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(3)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(85)
コーチング(1)
ジュニア(3)
ストレッチング(12)
ストレングストレーニング(6)
ストレングス&コンディショニング(3)
スポーツメディスン(1)
スポーツ医学(7)
スポーツ医科学(13)
スポーツ科学(1)
テーピング(35)
トレーナー(2)
トレーニング(38)
トレーニング指導(1)
パーソナルトレーナー(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(2)
マッサージ(2)
マーケティング(1)
メンタル(1)
メンタルコンサルタント(1)
ライフスタイル(1)
リハビリテーション(50)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(27)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:ヨガ(1)
各種セラピー:徒手療法(2)
各種セラピー:柔道整復(11)
各種セラピー:筋膜アプローチ(20)
各種セラピー:筋膜リリース(8)
各種セラピー:運動療法(2)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(1)
各種競技:サッカー(3)
各種競技:ダンス(1)
各種競技:マラソン(1)
各種競技:ラグビー(2)
各種競技:野球(5)
呼吸(1)
女性(5)
栄養(5)
機能解剖学(6)
歩行(1)
測定と評価(5)
睡眠(1)
脳科学(2)
解剖(1)
解剖学(1)
運動指導(3)
運動科学(1)
高齢者(2)

スポンサーリンク

開催地
北海道(12)
宮城(5)
秋田(1)
栃木(1)
群馬(3)
埼玉(6)
千葉(4)
東京(203)
神奈川(14)
新潟(5)
富山(2)
石川(6)
静岡(2)
愛知(54)
京都(5)
大阪(52)
兵庫(4)
岡山(1)
広島(12)
徳島(10)
香川(1)
福岡(33)
長崎(1)
沖縄(7)
全国(10)