トップ > セミナー情報 > 詳細

全身のアライメント機能から考える姿勢と歩行分析~アライメント異常に対するパッドを用いた足底板療法~

期日/2020年3月14日(土)
時間/10:00~16:00
会場/株式会社gene本社「セミナールーム」(愛知県名古屋市、IKKO新栄ビル6F)

内容/狙いはこのセミナーを受講することで、歩行分析が簡単にできるようになる。歩行周期に合わせたパッドを用いることにより、運動制御の変え方を学べる。足部やインソールに興味があるが、実際に何をしたらよいかわからないという人に受講を薦める。
全身には成人において206個の骨があり、足部は腓骨と脛骨、足根骨7個、中足骨5個、指骨14個、計28個からなり、両方で56個の骨からなる。
つまり、足部には全身の1/4もの骨が存在するが、一方で足部の筋に関してはボリュームが小さく、巧緻性も低い。よって、足部の制御は運動療法のみの介入では限界がある。
二足歩行をするのはヒトだけであり、進化の結果、足部への役割が運動に与える影響を大きくした。歩行時には足部が唯一床反力を捉え、全身に力を波及させる。足部の形の変化は、すなわち床反力を変え、上位の関節に大きく影響を与え、運動連鎖や平衡反応を引き出す。
つまり、足部へパッドを当て、直接足部の「形」を変える、または刺激を入れる介入のほうが、運動療法よりも圧倒的に早く結果が出る。その結果の積み重ねが姿勢や動作に影響を及ぼし、局所的なメカニカルストレスを軽減することが考えられる。とくにスポーツ傷害の多くは、その小さなメカニカルストレスが積み重なる運動パターンによって障害を発生させると考えられるため、効果的である。
本セミナーでは、歩行周期に合わせて足部へパッドを用いることにより、運動制御を変える考え方と技術を伝えたい。
[プログラム]
前半(講義):
足部と歩行の関わり
運動パターンと微小損傷の関わり
上行性運動連鎖の基礎
歩行周期とパッド
後半(実技):
第1列グループへのパッド
第5列グループへのパッド
第2、3、4列グループへのパッド
講師/唐澤幹男(トータルボディメイク代表、理学療法士)

服装/実技あり動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,800円
定員/50名
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1567133487-068568

開催場所(都道府県別):愛知
(掲載日:2019-09-04)
リハビリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーナー(6)
アスレティックトレーニング(1)
コンディショニング(108)
ジュニア(1)
ストレッチング(12)
ストレングストレーニング(5)
ストレングス&コンディショニング(4)
スポーツ医学(3)
スポーツ医科学(8)
テーピング(45)
トレーニング(50)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(3)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(3)
プログラムデザイン(2)
ボディーワーク(1)
マッサージ(1)
メンタル(2)
メンタルトレーニング(1)
ランニング(1)
リハビリテーション(42)
中・高齢者(1)
健康(1)
動作学(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(14)
各種セラピー:柔道整復(7)
各種セラピー:筋膜アプローチ(11)
各種セラピー:筋膜リリース(10)
各種競技:ダンス・バレエ(1)
各種競技:バスケットボール(1)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(6)
呼吸(2)
女性(4)
就職(1)
救急救命(1)
栄養(15)
機能解剖学(4)
測定と評価(7)
生理学(3)
神経生理学(1)
解剖学(3)
運動生理学(2)
運動科学(3)

スポンサーリンク

開催地
北海道(14)
宮城(12)
山形(1)
栃木(3)
群馬(2)
埼玉(6)
千葉(11)
東京(252)
神奈川(7)
新潟(1)
富山(1)
岐阜(1)
愛知(57)
京都(3)
大阪(58)
兵庫(9)
島根(1)
岡山(3)
広島(9)
徳島(6)
福岡(34)
熊本(1)
大分(1)
鹿児島(1)
沖縄(5)
全国(3)