トップ > セミナー情報 > 詳細

骨折の評価と運動療法の考え方~大腿骨近位部骨折(頸部骨折)を中心に~

期日/2020年2月16日(日)
時間/10:00~16:45
会場/大阪トヨペットビル9F「大ホール」(大阪市)

内容/狙いは大腿骨近位部骨折の中でも考えるべきことが多い頸部骨折を主題として、解剖学、運動学、組織の修復過程をもとに、整形外科的な診断と治療(手術療法)・評価・運動療法を系統立てて理解すること。
大腿骨頸部骨折・大腿骨転子部骨折は高齢者に起こりやすい骨折のひとつであり、セラピストがかかわる可能性の高い骨折。とくに手術療法が選択されることが多く、その理解は必須。
本講義は手術療法と術後の後療法の連携のために解剖学、運動学、組織の修復過程を再確認し「整形外科的な診断と治療(手術療法)を理解する」「骨盤を固定した股関節の可動域測定など、理学療法評価の理解・体験をする」「起立・歩行練習や異常歩行の改善などの運動療法を理解・体験する」ことを目標にする。
また、THA・BHAの手術が行われた際の「安全で、痛みの少ない寝返り・起き上がり・座位保持の獲得について」「外転枕はいつまですべき?」「正座をしていいの?」「和式トイレの使用について」などについても、系統立てて紹介する。基礎から、ひとつずつ学びたい人向け。
参考文献:骨折の機能解剖学的運動療法―その基礎から臨床まで―体幹・下肢編(中外医学社)
[プログラム]
午前:
1.大腿骨近位部の構造の理解と触診
2.画像所見の取り方・手術法の理解
午後:
3.評価と安全な寝返り・起き上がり・座位練習
4.起立・歩行練習と異常歩行の改善
※本セミナーについて:
本講義は触診が基礎となので、股関節周辺を予習することでいっそう理解が深まる。
以前、開催された「骨折の評価と運動療法の考え方~大腿骨頸部骨折・大腿骨転子部骨折を中心に~」の受講者は「再受講割引」での参加が可能。
講師/松本正知(桑名市総合医療センターリハビリテーション科副室長、理学療法士)

服装・持ち物/実技あり、動きやすい服(Tシャツ・スパッツまたはハーフパンツなど)、本セミナーでは股関節周辺を触診しやすいように可能な限りスパッツを用意する。
参加費/12,800円
定員/50名
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1569572458-234711

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2019-10-04)
リハビリテーション
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーナー(6)
アスレティックトレーニング(2)
アスレティックリハビリテーション(3)
コンディショニング(94)
コーチング(1)
シニア(1)
ジュニア(2)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(5)
ストレングス&コンディショニング(2)
スポーツメディスン(2)
スポーツ医科学(10)
テーピング(32)
トレーナー(1)
トレーニング(39)
バイオメカニクス(1)
ビジネス(1)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(1)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(2)
メンタル(1)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(51)
中・高齢者(1)
健康(1)
動作学(1)
各種セラピー:スポーツ鍼術(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:操体法(1)
各種セラピー:柔道整復(5)
各種セラピー:筋膜アプローチ(5)
各種セラピー:筋膜リリース(7)
各種セラピー:運動療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:バスケットボール(1)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(5)
女性(3)
栄養(10)
機能解剖学(4)
測定と評価(6)
生理学(2)
解剖(1)
解剖学(1)
運動指導(2)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(1)
宮城(2)
秋田(1)
山形(1)
茨城(1)
栃木(2)
群馬(2)
埼玉(8)
千葉(10)
東京(198)
神奈川(8)
新潟(1)
富山(2)
石川(1)
岐阜(1)
静岡(1)
愛知(57)
京都(3)
大阪(54)
兵庫(3)
岡山(3)
広島(6)
山口(2)
徳島(7)
福岡(34)
熊本(2)
大分(2)
宮崎(1)
鹿児島(2)
沖縄(4)
全国(1)